読書日記の最近のブログ記事

お笑い芸人は、24時間365日芸人なのであった・・・又吉直樹 火花を読む
2015年11月 5日


白銀のゲレンデに舞う粉雪のを感じられるかも・・・東野圭吾 疾風ロンドを読む
2013年12月 9日


読み進める内に釧路の澄んだ空気と冷たい風に触れることが出来る? ホテルローヤル
2013年11月17日


二転、三転、四転・・・作者の罠に心を揺さぶられる。ジェフリー・ディーバ コフィン・ダンサーを読む
2013年6月 7日


スリリングなストーリ展開は、ジェットコースターに乗っているかのよう? ジェフリーディーバ ボーンコレクターを読む
2013年6月 2日


アナタや私の個人情報は丸裸なのか・・・?ジェフリーディーバ、ソウルコレクター (悪友文庫)
2013年5月28日


不完全な人間だからこそ惹かれるのか? 村上春樹 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年を読む
2013年5月 4日


楽園は、全ての人の心に存在し、そして・・・ 宮部みゆき 楽園(文春文庫)を読む
2012年8月14日


名も無き毒・・・とは、どんなモノなのだろうか? 宮部みゆき「名も無き毒」 (文春文庫)を読む
2012年8月13日


副交感神経優位とバランスで免疫力を高める! 疲れない体を作る免疫力/安保 徹を読む
2012年8月11日


これはハードボイルド・・・ではなく、一つの純愛小説だと私は思う。 東直巳 フリージアを読む
2012年1月 7日


東直巳は天才か? 三部作を一気読み ススキノ・ハーフボイルド、駆けてきた少女、熾火
2012年1月 7日


これは面白い!道産子の自分も知らなかった?「北海道ルール」を読む
2011年12月11日


これは、後味の良い「壮大なラブストーリ」である。 東直巳 半端者
2011年11月11日


キレ味落ちたかなぁ・・・東直巳 「猫は忘れない」を読んだ
2011年10月23日


ページを開くと僕らは「官能の街バンコクに佇み、素晴らしい美人と恋に落ち、運河をボートで渡り、そして命を狙われる?」宮本輝 愉楽の園を読む。(悪友文庫5)
2011年8月20日


経営する病院、持っている財産、社会的地位等全て失って得た物がこれとは・・・松本清張「わるいやつら」を読む
2011年5月 2日


ディズニーランド的ファンタジーを楽しめる一冊 村上春樹「海辺のカフカ」を読んだ・・・
2011年5月 1日


人々が情報とそれによる欲望に振り回され、めいめい迷走する姿 松本清張・迷走地図を読む
2011年4月22日


若い頃の自分の失ってしまった時間を取り戻したいときに読みたい本 村上春樹・1983年のピンボール
2011年4月 2日


三部作の導入部としては面白いが、単品としては退屈という二面性・村上春樹 風の歌を聴け
2011年4月 1日


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち読書日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは駅弁日記(かにめし中心)です。

次のカテゴリはFaceBook研究です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。