私がサッカー日本代表に、常にワールドカップ優勝を目指すことを求める理由 金子達仁 敗因と を読む

◆2021年8月20日(金)江別は晴れ

敗因と 金子達仁・戸塚啓・木崎伸也 共著
光文社(2006年12月)

私の書評 ★★★★☆(4)

オリンピックでサッカー日本代表がスペインに敗れて決勝進出を阻まれ、そして3位決定戦でもメキシコに敗れ、改めて何年振り(10年以上振りかもしれない)にこの本を手にした。

◆ワールドカップに挑む選手たち・・・・

一読して、読み進めている途中で、

え?

あなた達、それでいいの?

なんでそんなに自分勝手なの?

チームメートと話し合って、相手の話に耳を傾けて戦術って決めるもんじゃないの?

などという素朴な疑問が湧き上がる・・・

 

というか、それ以前に、

これじゃ、勝てっこない。

場はワールドカップの本選の場、どの国も国を背負って4年に一度の闘いに臨んでくるのに、

仲間割れ?

してる場合じゃないだろ?

こんなんじゃ、勝てるわけないだろ?

 

若い、余りにも若い・・・というより、幼稚とすら感じられてしまった。

これが、私たちの想いを託した代表選手たちの内情、真の姿だったとは・・・

 

◆敗因と・・・

この本のタイトルであり、唯一にして最大のテーマは「敗因」である。

著者は第一線のサッカー雑誌の記者たち。

日本で一番目の肥えた連中だ。

その著者が最後に語ってくれた「敗因」は・・・


私にとって、衝撃だった。

 

そう、ドイツワールドカップで日本代表が3戦全敗で、仲間割れの末、あっけなく敗退したのは、

ほかならぬ、この「私自身」に原因があった・・・・

と、彼らは言うのだ。

 

私たち、(あえてサポーターとは言わない)日本代表を応援する日本人全員が、

「高く厳しい目標を設定し、勝つことを強いる」

この熱量が圧倒的に不足していたのだと、著者たちは言うのだ。

 

確かにそう、かもしれない。

 

2021年のサッカーオリンピック代表の連中に、私たちは本気で「メダルを求めた」、私などは本気で「一番色の美しいメダル」を求めた。

私だけでなく、マスコミをはじめ、国中がサッカー日本代表に(も、なのだが)メダルを本気で求めた。

そう、メダル奪取はノルマであったのだ。

 

だから、そのノルマを肌身に感じた選手たちは、

メダルを取れなければ、終われない

そういう気持ちで戦ってくれた。

 

だからこそ、4位に終わった瞬間に、久保建英は「大泣き」したのだ、メダルを取れなくて悔し泣き・・・だ。

世界4位。そう、ベスト4に入れたのに、胸を張っていいはずなのに、彼らは「悔し泣き」したのだ。



ドイツワールドカップ。

私たちは日本代表選手たちに、どんな「ノルマ」を課しただろう・・・・?

ブラジルも、クロアチアも強い、オーストラリアも強かった。

まあ、決勝トーナメントまで行けたら御の字?

そんなものかな・・・

国中が、やはり、そうした「ぬるさ」があったことは否めない。

 

だから、私たち応援者が、選手たちに課すノルマがぬるく低いと、

彼らも緩んで、仲間割れなど、自分勝手なところにはしったわけだ。


2021年のサッカーオリンピック代表のように、(メダルを取って当たり前と言う)途方もなく高いノルマを課せられ、

誰もが、選手たちだけでなく、私たちを含めたすべての人々が、

「勝ちたい、勝って欲しい」

そのためにはどうしたら良いのか?

そう考え、語り合う事で、選手たちと私たちも自然に一つになっていたわけだ。

 

2006年ドイツワールドカップの敗因は、間違いなく、私たちサポーター、国民が高く厳しいノルマを課さなかった事。

これが敗因の一つであることは間違いない。

と、本書は結んでいる。

(勿論すべてではないだろうが・・・)

そして、本のタイトルは「敗因と」である。

 

「敗因」「と」の次に来るのは、

 

今後私たちは彼らに、高く厳しいノルマを課し続ける・・・・

 

と、結べるのではないかと私は考えるのだ。

 

だから、次のワールドカップ・カタールでは、私は「ベスト4以上」を求める。

それは、もう来年の11月に迫っている。

よっしーどっと読む (私の独善的書評)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1690

Powered by Movable Type 5.02

月別 アーカイブ

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2021年8月20日 22:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「失ってしまった時間を取り戻すために、自分自身の巡礼の旅に出る物語・・・村上春樹「色彩をもたない 多崎つくる とその巡礼の年」 を読む。」です。

次のブログ記事は「テスト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。