20年前に何とか読み切っていたら・・・随分私の仕事の仕方も変わったかもしれない(後悔)ビジョナリーカンパニーを読む

◆2021年8月9日(月・祝)江別は雨

ビジョナリーカンパニー
時代を超える生存の法則

ジム・コリンズ
山岡洋一(訳

1995/9


私の書評 ★★★★☆(4.0)

◆永続する企業の条件として、

有能な経営者を社外から招へいするのではなく、早くから優秀な社内人材を時代経営者として育成する。

企業が奉仕する優先順位として1に顧客、2に社員、3に地域社会、最後にようやく株主という順に考える。

などという経営者に向けたメッセージが多いのだが、本書の主となるテーマ、

////////////////////////////////////////////////////////

① 時を告げるのではなく、時計を作る(時を告げる仕組みをつくる)

② 基本理念を維持し、進歩を促す仕組みを作る

③ or(二者択一)ではなくand(両方)を生かすように考える

④ 一貫性を追求する

///////////////////////////////////////////////////////

 

というメッセージは、部門長、マネジャー、リーダーにも十分使えるものであろう。

特に組織運営の考え方として,

 

 

① は「基本理念を信じる者」を組織に集め、その中から「基本理念に忠実な者だけを経営幹部にする。

② は社運を賭けた大胆な目標(BHAG)に挑戦し、沢山の試行を行い、上手くいったものを残す。そして、絶え間ない改善に取り組む。

 

 

というもの。

私が師匠である桃知氏から読むように指示されていた数冊の本のうちの1冊。

もう20年も前の話だ。

当然にすぐに購入して読んでみようとしたのだが、なかなか出だしが固い本で、何度もトライしては挫折していた。何せ回りくどい。(笑

 

2020年の10月に、たまたま少々我慢をすること出来て読み進めることが出来た。

そして、今日再読を終えた。

途中から極めて具体的な事例などが出て来て、ページが止まらなくなる。

 

もっともっと早くに完読することが出来ていたら、多分私の部門運営は、全く異なったものになっていたことだろう。

もっともっと早くに完読することが出来ていたら、多分若い連中や管理職のマネジャー達に、理念を持って事をなすことの重要さを伝えてあげられただろう・・・

 

役職がついたら、肩書に長がついたらおすすめしたい一冊。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1687

Powered by Movable Type 5.02

月別 アーカイブ

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について