オリンピックは誰のためのものか・・・ 丸川五輪相の発言・・・

◆2021年6月21日(月)札幌は晴れ

それはダメだろうと思うのだ・・・

marukawa

( Yahoo!ニュース 2021-6-21 より)

◆オリンピックは誰のためのもの?

オリンピックは誰のためのもの?と問われれば、それは、やっぱり、

選手のため

と、誰もが応えるだろう。

(開催国の国民のため、または世界中の市民のため・・・でも正解かなとも思う)

4年に一度の、選手にとっては一生に一度かもしれない、この戦いの舞台のために、彼(彼女)たちは何もかもを犠牲にしても、練習に競技に取り組ん来たはずなのだから。

何もかもをも犠牲にして取り組んできた選手たちの姿に、我々は心からの声援を送り、感動を受け取るのでもあるのだ。

 


だから、そう、選手たちの能力を目いっぱい引き出せたり、または限界以上のパフォーマンスを発揮できるのは、世界中から集まる沢山の観客。この観客の熱い視線と声援が、選手たちの力をさらに引き出し、ボルテージを上げるというわけだ。

そう意味意味でも、オリンピックは、選手のためのものでありながら、観客である私たち国民・市民のためのものでもある・・・わけだ。

 

ところが、ところが・・・・だ。政府の発表を聞いて、心の底から驚いた。

開会式は一万人?

そして、酒類も提供可能?

なんだ?それ?

 

今はコロナ禍である。

飲食店に携わる方々が目の敵にされ、苦しい仕事環境に晒されているという昨今、オリンピック会場では「人が集まる事がOK」だけでなく、「酒類の提供もOK」との事。

いや、それは無いだろう。

オリンピックだけ特別なのか?人の集まりも、酒も。なぜオリンピックだけ許される?

 

そして、丸川五輪相の発言・・・・

「大会の性質上ステークホルダーの存在がどうしてもある」

え?

いや、丸川さん・・・・

ステークホルダー・・・って、利害関係者・・・つまりは「スポンサー」の事でしょ?

「スポンサー」って、広い意味では(多少乱暴な表現をさせてもらえれば)「おカネ儲け」でしょ?

 

中小、弱小の飲食店、特にお酒に携わる方々には、酒の提供を徹底的に取り上げておいて、

スポンサーには「どうしてもある」と言う一言で酒の提供をOKする?

 

そりゃあ、言っちゃあオシマイよ・・・ってフレーズだ。

まだ、「オリンピック本番の場は、正に特別なので・・・・」位にしておけなかったものか・・・

「スポンサーは特別扱いしなくてはいけない」

と、堂々と言ってしまったようなもので、当のスポンサーのアサヒビールですら当惑しているらしい・・・

 

ダメだよ、丸川さん・・・五輪相の立場では、それを言ってはいけない・・・

 

お酒を扱う中小の店々の方々の死活問題・・・どれだけのお店が営業を続けられなくなっているのか。

また、支援の手が届ききらず、せっかくの制度が生かされていない事か。


大臣ならば、そのあたりにも配慮が無ければダメだろうと思うのだ。


やっぱり、これはダメだろうと思うのだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1669

Powered by Movable Type 5.02

月別 アーカイブ

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2021年6月22日 23:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鉄道模型作成、奮闘記!? 国鉄157系特急電車製作、施工状況報告!」です。

次のブログ記事は「道内でも稀有な「勝ち組?」人々の息吹とマチの雰囲気を漂わせる駅 富良野駅 =失われし風景を求める旅(56)= わが町ご当地入場券購入記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。