道内でも稀有な「勝ち組?」人々の息吹とマチの雰囲気を漂わせる駅 富良野駅 =失われし風景を求める旅(56)= わが町ご当地入場券購入記

根室本線・富良野線

富良野駅

富良野062622

実際の訪問は2019年12月でした。写真は当時は急いでいたので撮り切れず、ごく一部以外は2021年6月26日取り直しています。

すべての写真はクリックで拡大します。

◆人の出入り、人の息吹が感じられる駅

北海道内、JR北海道の各駅は、ほんの一人握り以外はほとんど人の気配が感じられないところが多いのです。

寂しい駅内外の風景、悲しい位、人の気配が感じられ無い駅が実に多い。

ところが、この富良野駅は違います。

すぐ近くに富良野マルシェというフードコード兼、ショッピングモール兼、土産屋という施設があり、そこでは沢山の車に、大勢の人々が集まっています。

もともと世界的に有名で本格派の富良野スキー場があり、スキーのマチとしては古くから栄えてもいたのですが、1980年代の「北に国から」のロケ地という事で、人気が爆発しました。

ラベンダーをはじめとする四季の花々が、なだらかに畝打つ丘々に絨毯の様に映える景色は、いかにも北海道らしい。

富良野からお隣の美瑛あたりのエリアは景色が北海道らしく素晴らしい、文字通り観光のマチなのです。

また、スキーも、私はスキーのインストラクターでもあるのですが、本州からの修学旅行生がスキー体験を組み合わせてやってきてくれます。手が足りなくて、遠く江別の私のところまで「指導員不足で助けて欲しい」ということで助っ人に出向くほど・・・高校生だけでも毎日千人にも上ろうかという数百人単位で夏は観光、冬はスキー、で宿泊に訪れてくれます。

富良野062632

撮影のために再訪した今日は、ちょうど休日のお昼時で、列車の発着が少ないとき。さらにコロナ禍・緊急事態宣言下という事もあり、駅構内は閑散とはしていた。(撮影には好都合だった)

ちなみに富良野マルシェは、クルマを止める場所も無いほど人が集まってはいたのだが・・・

入場券を購入して中に入る

富良野062633

直近の列車まで1時間以上ある・・・ということで、駅もすいているのかな。

富良野062630

振り返っての風景

富良野062614

かつては、ここもホームとして使われていたらしい1番線。テクテク歩いて跨線橋へ

富良野062617

階段には、ラベンダーの景色がプリントされている。

富良野062611

跨線橋の上。

富良野062615

跨線橋の中は・・・

富良野062624

案外狭かった。

跨線橋上または改札内で、発着時刻案内の電光掲示板がある駅は非常に珍しい。

記憶にあるところだと、札幌/函館/旭川/苫小牧くらいかなぁ・・・

跨線橋_富良野062624

手前のホームから降りてみる。

富良野062603

2・3番線は根室本線。富良野線

富良野062601

観光用の案内板。

富良野062606

富良野の「へそ」の由来・・・

富良野062623

このホームの駅名標

富良野062636

振り返り、階段を見ると・・・

富良野062604

へそ踊りのイラスト。

もう一度跨線橋から、札幌・旭川方面を眺めます。

富良野062605

北海道特有の、どこまでのまっすぐな鉄路が伸びています。

降りて4・5番線へ。こちらは基本、富良野線のようです。

富良野062616

富良野駅は、人にも優しい?

 

ホームは、うんざりするほど長いのです・・・

富良野062625

先端まで歩く元気と気力は・・・とてもありません。(笑

こちらの駅名標は、二方向。

富良野062612

ホーム上の駅名標、並べてみます。

富良野062627富良野062610

富良野062600

ホームの撮影が終わり、待合室に戻ります。

富良野062621

運賃表

富良野062602

この写真だけは、2019年撮影のオリジナルです。(クリックで拡大します)

富良野062607

きっぷ売り場、券売機は1台でした。

富良野062619

実は今日のおめあての一つは、この「桂子ちゃんの店」の駅そばでした。しかし!

富良野062628

まじか!

これを、結構楽しみに来たのに・・・・

メニューが寂しそうに展示されてもいた。

富良野062620

今、「駅そば」は「絶滅危惧種となっているのです。2021年現在、駅そばとして営業しているのは、

・札幌駅(ホーム)
・静内駅(待合)
・留萌駅(待合)
・旭川駅(コンコース)
・新得駅(待合)

位しか、私は知りません・・・(どなたか、他にもご存知でしたら、是非教えてください!)

 

駅そばが食べられなかったのは本当に残念だったけれども、人の気配や息吹を感じる駅に、なんとなくホッとした。

富良野062640

************************

富良野駅

みどりの窓口

営業時間:7:00 ~ 18:00

************************

◆わがまちご当地入場券購入の旅インデックス

◆根室本線(幾寅駅)←前の駅/次の駅→(芦別駅

◆富良野線 次の駅→(上富良野駅)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1670

Powered by Movable Type 5.02

月別 アーカイブ

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2021年6月27日 15:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンピックは誰のためのものか・・・ 丸川五輪相の発言・・・」です。

次のブログ記事は「駅名が二つ、役割も二つある珍しい駅 幾寅(幌舞)駅 失われし風景を求める旅(53)=わが町ご当地入場券購入記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。