鉄道模型作成、奮闘記!? 国鉄157系特急電車製作、施工状況報告!

◆25年?以上前の作り掛け・・・・

突然の脳梗塞での入院

退院後の自宅療養、することが無いので自室の掃除を始めたのだが、ほぼ大掃除となってしまった。

その大掃除の最中に出てきた昔の趣味・・・

松戸市?いや、千葉市に引っ越してからだから1997年か1996年くらいかな・・・に製作を始めた逸品。

25年前か・・・

勿体ないので、組み上げに挑戦してみることにした。

.........................................................

=施工車両概要=

国鉄157系電車

157series01.JPG

国鉄157系電車(こくてつ157けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1959年(昭和34年)に設計・製造した長距離用直流特別準急電車。後に運用の実績から特殊特急形車両に分類された[注 1]。最初に投入された列車名から「日光形電車」とも呼ばれる。(wiki yori)

時系列をわかりやすくするために、下から古い記録を重ねてゆきます。一番下が古い情報です。

.........................................................

◆2021年6月23日(水)の作業(実作業時間約1時間)

1時間程時間をおいて、何度も重ねて行きます。

まあ、こんなもんでしょうか?週末にテープを剥がすことにします。

157系062503

さっと、薄く。

157系062511

スプレー塗料は、塗装面が厚くなってしまうので、とにかく薄くがコツですね。

157系062500

下塗り後、2日間の乾燥時間を得て、上塗りへ

今度は赤を吹きます。

薄く、薄く、重ねて行きます・・・

◆2021年6月20日(日)の作業(作業時間約3時間)

下塗り完了!これで、乾燥に数日費やします。

157系06201301

マスキングした部分を塗る「赤」ではなく、下地になる色のクリームをもう一度吹いて、マスキングと地肌の色を一度なじませます。

マスキング完了!でも仕事はこれで終わりません。

157系062000

下部のマスキングも剥がします。

157系062005

今度は下部をカットします。

157系062004

カットした部分を剥がしてゆきます。

157系062006

どの程度歯を食い込ませるか、ここ、なかなか難しい処なのです。

157系062007

あとで剥がす高さに揃えた治具を使って、マスキングテープをカットしてゆきます。

157系062008

左右両方マスキングしてゆきます。

157系062010

赤で塗る部分を切り出すのですが、まずは大まかに貼り付けてゆきます。

157系062011

乾燥させたボディをマスキングします。

157系062012

細い赤いラインは「レトラ・ライン」という製図用のラインテープです。(幅0.5mm)

◆2021年6月6日(日)の作業(作業時間約30分)

全ての写真はクリックで拡大します。

この状態で数日間乾燥させます・・・・・本日の作業終わり!

157系060601

スプレーで薄くなんども重ねて色付けしてゆくのです・・・

157系060600

まず、ベースとなる特急色「クリーム4号」をスプレーで吹き付けます。

157系060602

25年間、「やりっぱなし」になっていた車体。

157系060603

組み上がっただけになっていた車両の塗装を始めます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1667

Powered by Movable Type 5.02

月別 アーカイブ

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2021年6月20日 23:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「セキュリティの感心があれば、是非とも読んでいただきたい本」です。

次のブログ記事は「オリンピックは誰のためのものか・・・ 丸川五輪相の発言・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。