7300頭の頂点! 第88回日本ダービー

◆2021年5月31日(月) 江別は晴れ

ダービー2021

私は、競馬は、ほとんどやりません。

でも、ダービーだけは、馬券を買います。

◆今年は自重・・・

会社を休んでまで、強制休養中なので、今年は馬券を買いに行くのは自重しました。

でも、今日はダービーの日なので、自宅で観戦です。

2018年に産まれたサラブレッドは約7300頭なのだそうです。

7300分の1。

同い年7300頭の中で、ただ一頭だけがダービー馬となる事ができるのです。

産まれたサラブレッドは、全ての馬がダービーを目指すと言っても過言ではありません。そして出走枠は17頭。

出走するだけでも大変。

 

数々の試練を潜り抜けて、選びに選ばれた17頭だけが出走できる競馬の祭典、それがダービーです。

 

サラブレッドって本当に美しいものです。

 

仕事で何度も静内、ひだか、様似方面には出かけますが、牧場の側を走っていると、ついクルマを止めて馬に見入ってしまいます。


馬って、芸術的に美しい動物だなぁ・・・と思うのです。

 

毎年、気に入った馬や応援したくなる馬の単勝を500円~2000円位買います。


今年は、無敗で皐月賞馬になったエフフォーリアを応援していました。

 

馬券を買いに行けたら、2000円位買ったかな。


 

4コーナーを回って直線に向きます、坂下でエフフォーリアが馬群の真ん中を割って飛び出して来た時には、

やっぱりこの馬が強いんだな・・・

と、思いました。馬券買いに行けない時に限ってあたるんだなぁ~と苦笑い。

ゴール前、あと100mと言うところで、どこにいたのかもわからなった馬が並びかけ、ハナ差さ仕切ってしまいました・・・

 


競走馬は「負けた」事を察するのだそうです。馬によっては泣く馬もいるのだとか。

今までの負けたことの無かった、エフフォーリアはどうだったのでしょうか?


いつもは、レースが終わると笑顔の人々に囲まれて写真撮影。

大歓声に包まれながらウィニングランでクールダウン・・・


そんな「いつもの風景」ではなく、残念そうな関係者の人々の表情も違えば、

ウィニングランも無く、

回りに大勢の人が輪になり取り囲む写真撮影も無い・・・・


何か「いつもと違う」風景に、エフフォーリアは「負けた」事を感じるのでしょうか???


ハナ差で差し切ったシャフリヤールという馬と、このエフフォーリア。次は菊花賞で再び相まみえるのでしょうか?

このライバルに対し、エフフォーリアは闘争心を見せるのでしょうか?

楽しみではあります。

 

そして、来年のダービー馬を探す旅も、もうすぐ始まります(笑

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1652

Powered by Movable Type 5.02

月別 アーカイブ

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2021年5月31日 23:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「強い・・・恐らくは代表史上最強と言えるのでは無いだろうか? ワールドカップ二次予選観戦記」です。

次のブログ記事は「あらら、まさかの直行入院! (入院日記1日目)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。