なんかつかめたかなぁ~ 須川デモ・レッスンで「異次元感覚」に浸る スガトレ1滑走日記2020-21(11)

◆2021年1月21日(木) オーンズスキー場は晴れ

sugatore2021012101

今日は須川ナショナルデモのレッスン「スガトレ」受講。

◆不思議感覚のレッスンは今日も・・・・

須川デモのレッスン。

このレッスンは不思議感覚満載。

滑っているその時は、「?」の嵐で、何が何だか良くわからない。

でも、レッスンの終わり頃になると、いつも、「あ~なるほど、さっきまでやってた練習はこういう意味だったのね」と、ポジションやフォームが整ってくる。

いつも最後は納得して終われる「お金を払うに値する」レッスンなのだ。

 

私もスキー指導者の「はしくれ」として、この域を目指したいものだ・・・


◆レッスン1-1(滑走一本目)

ノンリフトシュテム・・・リフトをせずに雪面を削るように開きだす。

ポイント:テールの軌道を大きくとりターン前半で丸く大きな弧を描く。

切り替えのタイミングで、正しく斜面に垂直に立つ。
→次の外足に真上から乗り込めるポジションに体の軸を運ぶ。
→次の外足に、足首、お尻、へそ、頭を置く(外足に真っすぐ乗る)

という「外足の軸線を出す練習」

・須川デモコメント
「そうそう、いい感じですね」

◆レッスン1-2(滑走一本目)

トップを支点にジャンプターン

ポイント:テールで軌道を大きくとる

トップを支点にテールを大きく回すようにジャンプ
→こら、むずかしいや。

・須川デモコメント、
「ブーツを支点に強引に回している、もっとトップを意識して」


◆レッスン2-1(滑走二本目)

ねじれを意識したパラレルターン

ポイント:あばら骨から上をしっかりFLに向けて、下半身はテールを大きく外旋させる。腿でひねる感じ。

テールを落とさないように途中で止める。
テールを下に向けない(ターンの後半に内倒しながら無理やり回さない)

感覚としては、
「スキーを真下方向にずらしながらテールが下がらないように我慢する」
→スキーのテールを下げないように我慢することで、自然と「ねじれ」が発生する・・・おお!これか!
→自分の感覚では「スキーを回す感ゼロ」トップを斜め前に我慢/キープしたままズレながら真下に落下してゆく感覚。

これ!いいんじゃね?

・須川デモコメント
「そうそう、いい感じですね」

おお、やっぱりこれね。


◆レッスン2-2(滑走二本目)

細かく足踏みしながらターン。

なるほど・・・「回ろう」とすると自然に内に入ってしまい、足踏みできない。
→足踏みしながらも「外足」に軸線を作らないとダメ


◆レッスン3-1(滑走3本目)

ストックを体の前でクロスしてFLに向けたままターン。

ポイント、胸をしっかりFLに正対させて体のねじれ(ひねり)を感じる。

ターンが終わり、内足(次の外足)を外旋させながら(ずらして)テールが下に落ちないように我慢。

目線はしっかり講師(FL)を捉えて離さない。

おおおおお、足元は真下に落下しながら、ねじれるねじれる、おお、ねじれるぞ~

・須川デモコメント
「いい感じですね、ねじれ、良いですね」

うん、こんな感じなのね。

◆レッスン3-2(3本目)

真下への横滑り、真下への横滑りから切り替え時、横に移動して真下へ。

ポイント:スキーを真下に落下させながら、状態は講師(FL)にしっかり向く。

まあ、これは指導員検定でさんざん練習したのでうまいよ、俺。(笑

・須川デモコメント
「そうそう、いい感じですね」


◆レッスン4-1

ねじれの展開

ズレを少し抑えて、角付けを強めてターン。

長い距離を滑る。

ズレながら真下に重心を落下させる感覚で、少し角付けを強めてあげる。テールを下に落とさないように我慢すると、強烈なねじれが生まれる。

何となく良い感じでゴール。

・須川デモコメント
「ねじれや外足の圧感覚は非常に良いです。ただ、体が外側に折れすぎ。外足の真上に乗り、真上から押してください」

とのこと。

 

今まで一度も感じたことのない感覚。

テールを回さないように我慢しながら、真下に落下する感覚。

真下にずらそうとしてあげるだけで、スキーは再度カーブにそって弧を描いてくれる。

自分の感覚は「回す感覚ゼロ」「テールが下がらないように我慢している」だけ。

いや~この感覚は・・・初めてだ。

 

ターンになってるの?という素朴な疑問すら出てくるんだけど、多分、これあってると思う。

雪面からの抵抗感じるし、すこし角付け強めただけで、スキーが走り出して戻ってくる。

これ、たわんでるんだよな、きっと。


ポジションが良くなって、スキー乗るポジション、スキーを押すポジションがストライクなんだと思う。

須川さんに一言アドバイスもうらうだけで、今までになかった感覚を味合わせてもらえた。

この感覚忘れないようにしたい。

 

楽しくあっという間にレッスン終了。

sugatore2021012100

LEDがまぶしい。

札幌の夜景がとてもきれい

sugatore2021012103

いつもはダメ出しをたくさん喰らって帰るのだけれども、今日は「なんかつかめたぞ~」と言う感じで、もう少し滑り込みたかったのだけれど、なぜか謎の電話がかかってきて、滑走終了。

明後日の滑りが楽しみだ!!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(今日もテイネは寒いぞ)←前の滑走・次の滑走→(須川レッスン1)

◆滑走日記2021・indexへ⇒

■須川デモ・レッスン(5)2021-4ー25_キロロ
■須川デモ・レッスン(4)2021-4-4_キロロ
■須川デモ・レッスン(3)2021-2-23_朝里
■須川デモ・レッスン(2)2021-1-23_朝里
■須川デモ・レッスン(1)2021-1-21 オーンズ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1625

Powered by Movable Type 5.02

月別 アーカイブ

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2021年1月21日 23:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日も岩見沢で講師役! 滑走日記2020-21(10)」です。

次のブログ記事は「SUGAWA SKI SPIRITレッスン会 1/23 参加! 滑走日記2020-21(12)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。