しっかし、うまくなれないな~

◆2020年12月30日(水) テイネハイランドは雪

teine2020123000

冬休み2日目、昨日に続いて今日もハイランドにやってきた。

teine2020123007

雪で山頂が見えない・・・

teine2020123002teine2020123001

リフトも雪で視界は良くないなぁ・・・

 

今日も地味に練習。

昨日、ポジションがほんの少し良くなってきて、急斜面の小回りが少しまともになって来た。

まだ、後傾でお尻が落ち気味で、内倒気味なのは変わらないんだけれど、随分良くなったとは思う。

でも、まだダメなんだよなぁ・・・・


原因もわかっている。

切り替え・・・

どうしても「上に抜けて」しまうのだ。


山回りの終わり、体軸が内に傾いた時に、

・次のターン側(またはフォールライン側)

に重心を移動させないといけないのだけれども、

・(内に傾いたまま)まっすぐ立ち上がってしまう

から、そのまま「内倒」してしまう・・・という事になる。


こうなると、腰も一緒に回ってしまい「内に傾いたまま山側に切れ上がる」形になってしまう。

そのままでは次のターンに入れないので、体(腰)を回して、振り子のように体を倒して、無理やりスキーを曲げる・・・

という操作が必要になってしまうというわけ。


ここわかっている課題なんだけど、なかなか克服できない。


ちょっと迷ってることもあって、

・一度山足にしっかり乗り込んでしまう(村上・元Nデモ)すぐに次の山足の面を返さない

・次の山足を伸ばして捉える、捉えるまでの重心は内足で構わない(丸山貴雄)

と、真逆のアプローチがあって、どちらを採用すればよいのかわからん!

 

ということもある。


両方できりゃいいわけで、フィーリングをつかむまで、どちらのパターンも練習あるのみだわな。

 

 

今日のウエア

teine2020123003

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1620

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2020年12月30日 23:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日もテイネは寒かった~!! 滑走日記2020-21(4)」です。

次のブログ記事は「「雪の香り」って知ってますか? 滑走日記2020-21(6)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。