富良野二日目は丸山貴雄のビデオレッスンに四苦八苦・・・滑走日記2020-21(2)

◆2020年12月13日(日) 富良野は晴れ のち くもり

furano2020121303

12月中旬・・・富良野は意外に暖かいのでウエアは春用を用意してきたのだが、それが裏目で寒かった・・・(笑


◆丸山貴雄のビデオレッスンに四苦八苦

今回同行してくれた江別連盟の仲間のTさんに進められて、この動画の内容を練習・・・・

これがメッチャ難しかった・・・

内足の使い方。

ターンの山回りが終わる局面で、アウトエッジに乗っている内足、それを、インエッジに返して捉える

ビデオでは撮っても簡単にやってるんだけど、これがまたとにかく難しかった。

何度も何度も何度も練習して、感覚としては、昨年の検定種目であった「滑走プルークからの展開」のイメージで何とか出来るようになった。


山回りの終わりで内足を返して捉える。捉えた瞬間、そのインエッジを強く推す。足を延ばす・・・

そうすると入れ替わった外スキーが雪面を気持ちよく噛んで加速が始まり、伸ばしきったスキーが足元に戻ってくる感覚がある。

これか!

この感触を忘れないように、また、何度も何度も練習。

ん~出来ている感覚はあるのだけれど・・・

これでいいのかなぁ・・・?(笑

furano2020121301

昨日は気づかなかったけれど、富良野のコースはこうしてみると意外に狭かったなぁ・・・

furano2020121302

天気は晴れなんだか、曇りなんだかよくわからない感じだったのだが、まあ、とにかく寒かった。

furano2020121300

新しい相棒は、本当に私の意とするところを良く聞いてくれ、思うおとりの操作をさせてくれる。

本当にスキーが優しくなる、とんでもない板だ。

どんどん乗り込んでいかなきゃね!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1617

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2020年12月13日 23:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富良野で初滑り初日 滑走日記2020-21(1)」です。

次のブログ記事は「今シーズン、初テイネでヤッホー!! 滑走日記2020-21(3)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。