菅野と千賀の「緊迫の投げ合い」を期待したのだけれど・・・・2020日本シリーズ観戦記

◆2020年日本シリーズ

第一戦

読売ジャイアンツ 1-5 ソフトバンクホークス

2020シリーズ1戦
(ホークスオフィシャルwebより )

◆緊迫の投手戦?・・・のはずが・・・

ホークスは千賀、ジャイアンツは菅野のエース対決。

私の予想は、今日ジャイアンツが(菅野で)勝つことが出来ても2勝。なので、ホークスの4勝2敗・・・というもの。

今日ジャイアンツが菅野ででも勝利を失うようなことがあれば、4-0まであるかな・・・と言う感じなのだが、さて。

 

菅野・千賀とも立ち上がりから全開の全力投球で入ってきた。多少力みも感じられもしたが、両投手とも素晴らしく、さすがの投球。

菅野の柳田に対するインコース攻めにはうならせられたし、千賀の坂本に対するフォークでの空振り三振にも鳥肌立ちそうになった。

緊迫の投手戦の予感がした。


しかし、その予想は栗原への一球であっさり覆ってしまった・・・・


2回表

ランナーを一人置いて、栗原に対して菅野はボール先行の2-0となりストライクが欲しくなり、ちょとスライダーが甘く入ってしまった。

栗原は1・2・3のタイミングでそれをフルスイング!打球はライトスタンド中段まで。

(「あそこまで飛ばされるのか・・・?」セリーグではおそらくこんな豪快な被弾はなったのだろう菅野は一瞬呆然としていたのが印象敵だった。)

この伏兵への、スキが出てしまった一球が重い・・・・

2-0

ホークスに先行される、千賀だけにジャイアンツは相当苦しくなった。

無死1・2類の好機で、丸が、2-0という打者有利のカウントから低めのくそボールに手を出して併殺を喰らった。

これは千賀相手に先行された焦り以外の何物でもない。


そして、6回表。

菅野は2死まで来ながら1・3塁のピンチ。

ここで、打席には2回にスライダーをフルスイングされスタンドまでもっていかれた栗原。

4回にも、ストレートをライト線に2ベースを喰らった。

スライダーも、ストレートも打たれてしまっては、勝負球はフォークしかない、それも長打警戒のアウトロー。菅野の選択肢は限られた。

そして、栗原はそれを読み切った。

アウトローに落ちるフォークを見事に拾い、打球は左中間へ。私は菅野のこの一球は決して失投ではないと思う。コースも、高さも、あそこしかない。

しかし、栗原からすると「アウトコースに落ちる球」の球道がイメージで来ていたはずで、それを捉えることは恐らく難しくは無かったはずなのだ。

4-0


さらに8回表。

周東が四球を選び、警戒されながらも、左投手の牽制を全く苦にせず盗塁。

中村のレフト前ヒットで快速を飛ばしてホームイン。

5-0

勝敗はここで決した・・・・

 

菅野の失投は2回の栗原の一球。ほぼこれだけだったと私は思う。

しかし、その失投をしっかりモノにするのが今のホークスの打線。


栗原一人にやられた・・・・と、いう表現もあるかもしれない。でも、その栗原の2振りにはともに打点が付いている。

グラシアルである。

4番に入っていたグラシアルは、ライト前シングル2本と、実に地味ながらしっかり出塁して、栗原のバットでともに生還している。

目立たないけど、しっかり効いていた。

これは工藤監督の考えに考えた打順の妙と、自分の役割に徹し切った選手の力ということだ。

 

ホークスの選手たちは、自分たちの役割に徹し切り、緒戦をモノにした。

どうも今年もあっさりと決着がついてしまいそうな予感。

その位、今のホークスは充実している感を受けた。4-0などで終わらず、最終戦までもつれて面白くしてほしいと思うが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1592

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2020年11月21日 23:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日から東京」です。

次のブログ記事は「点差そのままの力の差、というより野球に対する貪欲さの差かもしれない 2020日本シリーズ観戦記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。