碧(みどり)と白のコントラストを散策 倉敷美観地区

倉敷美観地区

kurashiki2020080710
(実際の訪問は8月8日です。すべての写真はクリックで拡大します)

岡山に来た用事は午前中で完了。ちょっと緊張した心と体をほぐす?為に倉敷まで遊びに来た。

何年か前に一度会社の良港で訪れて、その街並みの美しさに「いつか家人を連れてきたい・・・」と思っていたので、それを実行できたわけだ。

◆緑と碧と白のコントラスト

柳などの木々の緑
古い建物の壁の白

それが、碧(みどり)の水路に映り込む

kurashiki2020080712

碧と緑と白・・・

kurashiki2020080709

美しい・・・

かつて江戸幕府の天領(天領とは明治以降の呼び名で、江戸時代は主に「御料」と呼ばれていたらしい。今回調べて初めて知った・・)であり、中国地方の物流の重要地だったとのこと。

米やその他の物資が集まり、蔵が建つ。それらの物資を海(港)へ運ぶための運河が発達。

成程、ここに集まっている建物の数々のルーツは基本的には蔵であり倉庫であったわけだ。

確かに「蔵」と言われればそんな感じがする。

kurashiki2020080718

小袖を着流した江戸庶民が、街角から現れてきそうな・・・そんな風情のある細い路地。

kurashiki2020080717

柳と川(運河)って、どうしてこうも相性が良いのだろうか。本当に「日本の古の姿」という雰囲気が漂う。

kurashiki2020080714

しかし、岡山の8月は暑い・・とにかく暑くて外にいられない・・・

kurashiki2020080708

写真で見ると柳と白壁は涼し気だけれども、実際には36℃の猛暑・・・

kurashiki2020080715

手漕ぎ船にでも乗って「水遊び?」でもすれば少しは涼気を感じられるかとも思ったが、風一つない空気に、それも無駄と悟り乗船もパス。(笑

とにかく暑いのだ・・・

kurashiki2020080713

風情のある石橋も、熱気に焼かれてあまり傍に寄りたくない・・・

数歩歩いてはエアコンの効いている店内に飛びこみ・・・を何度も繰り返す。

kurashiki2020080705

ちょっと店に入っては、散歩しての繰り返し・・・

kurashiki2020080704

時折、水面に白壁が写る光景を目にする・・・これは、ため息が出るほど美しい。

kurashiki2020080707

備前焼のお土産を買い、涼しさを求めて「星野仙一記念館」へ飛び込んだ。

緑と碧と白のコントラストを堪能させてもらった。

とにかく暑かったけれども、目と心には優しい一日だったと思う。

 

暑すぎず、寒すぎず、できれば春か秋の気候の良いときに、じっくり訪れたい場所ではある。

 

晴れの国・岡山紀行(1)Peachで大阪へ!
晴れの国・岡山紀行(2)かすそばに大満足!
晴れの国・岡山紀行(3)アツアツとろとろの「たこ焼き」に満足!
晴れの国・岡山紀行(4)やきにく蜜陽家うまし!
晴れの国・岡山紀行(5)シンプルな東横インで宿泊!
晴れの国・岡山紀行(6)奉還町を そぞろ歩く!
晴れの国・岡山紀行(7)たこ福で満足!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1580

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2020年8月14日 00:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シンプルな、でも奥深いアツアツのたこ焼きは、おかわり必須? 岡山たこ福」です。

次のブログ記事は「倉敷・美観地区で備前焼に親しむ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。