シンプルな、でも奥深いアツアツのたこ焼きは、おかわり必須? 岡山たこ福

◆たこ福

takofuku2020080706
(実際の訪問は8月7日です、すべての写真はクリックで拡大します)

◆人もまばらな奉還町商店街の一角にポツンと佇む「たこ焼き屋」。

創業昭和28年というから、67年間営業を続けているという事になる。すごい!それもたこ焼き一筋とのこと。

数多の試練を乗り越えて、守り継がれたという味。

食べる前から、何か楽しくなってしまうというものだ。

レトロ感満載のメニューは手書き。

takofuku2020080705takofuku2020080704

イートインと持ち帰りの2パターンの価格は、10円差。

6個入り340円/350円
12個入り590円/600円
15個入り650円/660円

家人と約束している夕飯まで、時間が迫っていることもあり泣く泣く6個入りをチョイス。

15個入りを豪快に食したかった・・・(笑

店内でも食べられるのだけれど、風情も楽しみたかったので店外で頂く。

takofuku2020080703

注文を受けてから焼き始めるので、6~7分も待たされただろうか。

たこ焼き

青のりと紅ショウガを使うか確認されたので、もちろん両方お願いする。

takofuku2020080701

かつお節もマヨネーズもかかっていない、実にシンプルな面構え。

ん~アツアツ。

熱い!(笑

昨日いただいた、西宮のたこ焼き も熱さで悶絶したのだけれど、ここも熱いね。
(関西のたこ焼きは、熱さが命なのだろうか・・・)

中身はふんわり、トロトロ。

ソースの味がガッツリ効いて、ダシの味はそれほど強くなく、とても上品な味。

うまい!

こら、うまいわ。予想以上のうまさ。

たこがまた、味が濃くて絶妙な味。

うまい!

takofuku2020080700

あっという間に6個完食・・・・正直、もう少し食べたくなる、「おかわり!」をしたくなってしまうね。

本当においしかった。

ちなみに翌日は出発が早く、この店の開店前に岡山をでてしまったのでダメだったが、もし営業時間内であれば、間違いなく再訪しただろうと思う。

このたこ焼きを食べるために、また、岡山に来る・・・というものあり。

と思えるほどうまかった。

人のまばらな奉還町商店街で、異彩を放つ たこ福。

takofuku2020080702

また、是非訪れたいものだ。

晴れの国・岡山紀行(1)Peachで大阪へ!
晴れの国・岡山紀行(2)かすそばに大満足!
晴れの国・岡山紀行(3)アツアツとろとろの「たこ焼き」に満足!
晴れの国・岡山紀行(4)やきにく蜜陽家うまし!
晴れの国・岡山紀行(5)シンプルな東横インで宿泊!
晴れの国・岡山紀行(6)奉還町を そぞろ歩く!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1579

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2020年8月13日 00:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「武士の退職金で始まった商店街? 岡山奉還町商店街を、そぞろ歩く・・・」です。

次のブログ記事は「碧(みどり)と白のコントラストを散策 倉敷美観地区」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。