ん~センバツも中止か~(T_T)

◆2020年3月12日(木) 江別は晴れ

高校野球、センバツ中止・・・

毎日
出典:朝日新聞デジタル3月12日版

選手たちに、かける言葉が見当たらない・・・

◆判断は間違ってはいない・・・とは思うのだが・・・

高校野球の宿舎、団体での食事、合宿状態・・・これは、集団感染がいつ起きてもおかしくない状況・・・というのが客観的な状況ではあると思う。

万一、万々一、関係者や宿泊施設の従業員に保菌者がいた場合、「集団感染化」するリスクは非常に高いと言わざるを得ないと思う。

昨日、一昨日と「不必要にコロナウィルスを怖がる必要はない、適切に怖がるべき」と私は主張してきたが、さすがにこの「高校生の集団が何十人も固まって食事をする」状況が、「濃厚接触状態」にあたらないとは言えないと思う。

練習や、試合などを屋外で行う分には全く大丈夫ではないかと思う。怖い事は何もないとさえいえる。屋外なら・・・だ。

しかし、宿舎での「食事」はさすがの私も「リスク」であるとの判断を受け入れざるを得ない・・・

でも、試合を目の前にして、ここ(開幕直前)に来ての「中止決定」は、泣き崩れる選手たちが続出した、というのも良くわかる。


中止の判断は、苦渋の選択であったろうし、妥当と言わざるを得ないだろう。

しかし、出場機会を「取り上げられた」選手たちには、かける言葉が見当たらない。


次(夏)があるから頑張ろう!・・・・とは、安易に言えない。

次(夏)に勝ちあがる保証はどこにも無いからであり、今回のセンバツは選ばれた選手たちにとっては唯一無二の大会だったはずだろうからだ。


かける言葉が見当たらない。

 

◆特別な大会を実施出来ないものだろうか・・・

ダルビッシュは言う

ダル

「いつか今回の出場校で大会を出来ないものか」と。

カブス・ダルビッシュ(東北OB)「今までこういうことなかったですし、ここまで秋からほぼ確定している高校もすごく楽しみにしてただろうし、ボーダーラインのチームも決まったときにすごく喜んだと思う。それがこういう形で…。無観客でも、できたらいいんでしょうけど、主催者側の損失とかもすごくあるだろうし、もちろん健康面の部分もあるでしょう。仕方ない部分もあるんですけど、自分も一応出場した立場として、ああいう大観衆の前でできるっていうことはすごく大きなこと。いつか今回の出場校で甲子園でやってほしいなと思います」

出典:日韓スポーツweb版3月12日

江川は言う

キャプチャ

「春と夏の大会を一緒にやってしまう事は出来ないか」と。

高校時代に「怪物」と呼ばれた江川氏は「春夏合同甲子園」プランをぶち上げた。「元球児として言わせてほしい。このまま春の出場校が甲子園に出場できずに終わるのは、あまりにかわいそう。毎日新聞も朝日新聞も主催の枠を取っ払ってもらって、(今年の)夏の大会にセンバツ出場校も参加して、一緒に試合ができないものだろうか?」。

「合同」だと出場校は80校近くに上る。実現には、クリアすべき問題は多い。それでも「出場校は多少重複するだろうし、期間も少し長くすれば…。ただ(試合)会場は分散させては意味がない。甲子園でやらないと」と力を込めた。

73年(昭48)に春夏連続で甲子園のマウンドに立ったが、夢の舞台への「切符」を手にする難しさは熟知する。その経験が後輩たちへの熱い思いとなる。「センバツが決まっていた選手たちには、出場を決めてからの『中止』で、あと1歩のところで夢を奪われた気持ちが強いはず」。

「合同」開催が無理なら、と代替案まで示した。「もちろん試合は大事だし、勝敗も意味がある。でも、甲子園はそれだけじゃないと思う。俺にとって甲子園は『夢の場所』だったけど、そこに行くことだけで価値があった。試合が出来なければ、練習だけでもいい。夏の本大会前の練習日に甲子園で20分でも30分でも練習するのはどうだろう? それから練習後は、『甲子園の土』を持ち帰る」。

江川氏も練習日にこっそり土を瓶に詰めて持ち帰った。「何年も何十年もたって仲間と昔話をする時に出るのは、必ず『甲子園に行ったんだ』という経験と、その証しの『土』なのですから」。2つのプランの土台は、自身の何物にも代え難い経験。その場所に「行く」ことの意義を強調した。【玉置肇】

出典:日韓スポーツweb版3月12日


どうだろう?

例えば、秋に、特別に「(秋季)選抜大会」を今回の出場校で開催する、とか、夏の予選勝ち抜き校とセンバツ出場校を一緒に並べて合同で大会を行うとか、現実的に出来そうな、可能性を探ることは出来そうではないかと・・・・

出場権という「夢」を手にした若者たちに、何か救いを手にさせてあげる方法を、我々大人たちは真剣に考えてあげられないものだとうか・・・と思うばかりだ。


彼らに、かける言葉が見つからない・・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1526

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2020年3月12日 23:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コロナウィルス・正しく怖がろう(2)」です。

次のブログ記事は「北壁は今日は全く私を寄せ付けてくれなかった・・・凹む・・・滑走日記2019/20-(滑走32日目 )」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。