大阪での出発待ちは、光と寛ぎの空間で一服。JALサクララウンジ大阪

JALサクララウンジ大阪

sakura_oosaka20200324

サクララウンジその他 / 大阪空港駅蛍池駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6

◆最終間際は寛げる・・・

札幌(新千歳)発は始発、そして大阪(伊丹)発は最終・・・

何とも慌ただしい弾丸日帰り出張の最後は、ここサクララウンジでコーヒーブレイク。

大阪伊丹のサクララウンジも綺麗にリニューアルされていました。

エントランスは・・・・

sakura_oosaka20200324-4

スペースが無かったのでしょう、サクララウンジ名物の「光の階段」がありません。

羽田新千歳福岡と、どこのラウンジも美しい光の階段が出迎えてくれるのですが、ここ伊丹はエスカレータだけ。

まあ、以前も基幹HUB空港とは思えないほどラウンジは狭かったですからねぇ・・

綺麗なカウンターでチェックインすると・・・

sakura_oosaka20200324-2

光のオブジェのアテンドで結構長めの廊下を抜けて・・・

sakura_oosaka20200324-3

以前より、ぐっと広くなったゲストスペースに着きます。

sakura_osaka20200324-5

ラウンジはやっぱり夜ですね。漆黒の闇に、色とりどりの誘導灯がきらめいて、ラウンジ内も光があふれます。

sakura_oosaka20200324-7

以前はホントに狭かったのですが、リニューアルされた今は、ゆったりとくつろげるスペースになっています。

落ち着いたブラウン基調のインテリアに、ここ大阪は「赤」がアクセントになっている感じですね。

sakura_osaka20200324-6

ベージュとライトブラウンに彩られたこのスペースは、ほかの空港には無い雰囲気でもありました。

sakura_oosaka20200324-8

コロナの影響で、閑散としている空港に、最終便ということでもっと人が少ないのかな。ラウンジ内は静けさがだけが支配して、時間の流れが別のような、異空間にいるような感覚になります。

やはり、コロナの影響で残念ながらドリンク類は、サーバーから提供されるものだけです。

まあ、酒を飲まない私にはコーヒーさえあれば至福極楽なので、良いのですが。

sakura_oosaka20200324-10

喫煙所も、ムードのあるライティングで、落ち着いて一服できます。

sakura_oosaka20200323-9

以前の「窓が無く、やや閉塞感のある空間」が、「ゆったりとした光に彩られた開放的な空間」に変身してくれて、伊丹に来る楽しみが、また一つ増えました。

大阪は何度来ても、また、すぐ来たくなる街です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1536

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2020年3月27日 23:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「やはり本場大阪の「やきそば」と「たこ焼き」は一味違うモノだった・・・新大阪駅 たこ昌」です。

次のブログ記事は「何とも違和感のあるライトアップ・・・?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。