今日は自主練。桂沢で調整・追い込み!滑走日記2019/20-(滑走28日目)

◆2020年2月15日(土)桂沢は曇り

katsurazawa20200215

本番の検定まで一週間を切った・・・あと滑ることが出来るのも今日を入れて3~4日というところか。文字通り追い込み・最終の調整。

◆朝里は大会とのことで自重

本当は斜面慣れもかねて、朝里の本番コースで調整したいところだった。今日はあいにく朝里では大会があり、使えるコースがかなり限定されるらしい・・・・ということでホームの桂沢にて練習することとした。


テーマは4つ。

①基礎パラ小回り:左ターン(右足外足)時の荷重(内へのスライド防ぐ・外に乗る)
②パラへの展開:種目の表現の整理(2ターン×3セットの基本形の整理)
③シュテムターン:ターンをしっかり仕上げる(全体的に操作感を軽くしない)
④横滑りの展開:真下時外足にしっかり荷重

こうしてみると、全般的に外足荷重がまだ足らん・・・ということか。


②~④に関しては、ずいぶんイメージがしっかりしてきた感がある。手ごたえを感じつつある・・・という感覚。

問題は①の基礎パラ小回り、かな。

どうしても、どうしても左ターンのポジションが内に入り気味になってしまい、外(右足)を強く踏めない・・・

最悪、最後の手段も頭に入れておく。強く踏めなければ、「大きくターン弧を取る」ようにする。そうすることで、自分的にはターン弧が左右違う感覚になる。しかし、下で見ている分には、(軽い左を若干大きく回ることで)見かけのバランスが少し良くなるはず・・・なのだ。

これは最後の最後の手段。

この「ごまかし滑り」は最後の最後に取っておく。基本は右足一本で乗るくらい、右足を重くすることを意とする。

ただ、ホントに最悪の最悪も考えて、少し練習しておく必要もあるかな・・・とも思う。ギリギリまで本来の「右外足にしっかり乗る」意識を持ちながら、「左ターンを少し大きめにする」という感覚で滑るのが一番具体的な対策だろうとも思う。

 

◆自分の課題も山積ながら・・・

今日は一緒に滑る江別連盟の二人の受験者(受験者の総勢は私を含む5名)と一緒。

もちろん彼らもそれぞれ「課題」を抱えており、そちらの課題解決にも付き合う。(どちらかと言うと、そちらに割く時間が多くなった)

まあ、みんなで一緒に受験するわけだからお互いがお互いを「観て」してきしあうというわけだ。

ただ、なんとなく私が指導者「的」立場に立つことが多くはなってしまったわけではあるのだが・・・

 

基礎パラ小回り以外は、自分的にも、ほぼ納得する滑りで練習を終えることで来たかなと思う。

泣いても笑ってもあと一週間、出来ることは最善をつくす。

 

理論も追い込まなきゃ・・・(T_T)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 良くなってるけど課題も山積 ←前の滑走・次の滑走→ 最後の講習

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1509

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2020年2月15日 20:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最悪の状態からはかなり上昇も、課題は残る・・・指導員養成講習(11) 目滑走日記2019/20-(滑走27日目)」です。

次のブログ記事は「最後の講習は基礎ポジションの再確認 指導員養成講習(12) 目滑走日記2019/20-(滑走29日目)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。