今日でスガトレも終わり・・・滑走日記2019/20-(滑走30日目)

2020年2月19日 銭函は晴れ

スガトレ5 今日のテーマはリバウンド

onze20200219

今日はなんとスキー場のハシゴ。日中の朝里に続き、練習のダブルヘッダーというわけだ・・・

◆リバウンド

1.真下への横滑りから

FLに対し二本のラインを自分で設定。

片一方のラインに向け真下に降りる。
スキーを回旋させながら、もう一方のラインに移動。
また、真下に降りる。

しっかりスキーをたわませることで、「リバウンド(反発)」が発生し、その「リバウンド(反発)」の力を利用して、
ラインを変えることが出来る。

この時ニュートラルでは面はフラットになる。

に落ちながら、「スキーのたわみ」を作り出し、
そのたわみの「反発」する力を利用して、一気に次のラインに移動。

→真下への横滑りは指導員受験の種目でもあり、違和感なくライン移動が出来る。

須川デモコメント:そうそう、そんな感じ。


2.スキーを5時方向へ

FLに対し時計の針で4時から5時位にトップを向けて同じ動き。

やはり「スキーのたわみ」を作り出し、それを一気に解放することでラインの移動が出来るようになる。

→今一つ上手く出来ない

須川デモコメント:上体の動きが固い、もう少しリラックスしないと動きも固まってしまう。

 


3.リバウンドの展開

最初は真下への横滑り(フォールラインに対してスキーが直角)から徐々にトップをフォールライン側に落とす。

*この時にしっかり外腰(股関節/骨盤)の向きは後ろ側に「引き込まれ」ていることがポイント。
この「外腰の引き込み」=「体のねじれ」が、反発により「ほどけ」て次のターンへの大きなきっかけとなる。

*須川デモは「すべての滑りにおいて、この「外腰引き込み=ねじれ」が必要」と力説。前回のレッスンで「ひねり/ねじれ」を演習した。
今日のレッスンはそれを受けてのものであると。

須川デモの滑りを見ていると、外足への荷重から切り返え、次のターンに移る際ラインが大きく変わっている。
真横に重心移動しているように見えるので、マネをしてみる。

→上手く出来た?

須川デモコメント:単にテールを外にだしているだけ!たわみが利用できていない!
あちゃ~


この「リバウンド」と「体のねじれ」は、引き続き体が覚えてくれるまで繰り返し練習する。

さしあたり明後日からの検定でも、意識することで良い結果になると感じている。


須川デモ、1シーズンありがとうございました!!!


オーンズからの夜景は今日もとても綺麗だった・・・

onze20200219-2

前のレッスン→スガトレ4
前のレッスン→スガトレ3
前のレッスン⇒スガトレ2
前のレッスン⇒スガトレ1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 検定二日前仕上がる! ←前の滑走・次の滑走→ 緊張の検定初日

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1502

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2020年2月19日 23:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「よぉ~し、仕上がったぞ~!!!! 滑走日記2019/20-(滑走30日目 その1)」です。

次のブログ記事は「2020年度 SAJ指導員検定初日(理論・実技1)滑走日記2019/20-(滑走31日目)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。