ハイランドは、スケートリンクのようなアイスバーンでビビりまくり・・・滑走日記2019/20(滑走9日目)

◆2020年1月3日(祝) テイネは晴れ

teine20200103

悪友とのスキーキャンプ2日目。

昨日の富良野から今日はテイネハイランドへ。

お正月の悪友とのスキーは、かれこれもう20年以上続いている。わたしたちは札幌市北区生まれで、小学校、中学校からスキー授業はここテイネで・・・という生粋の手稲っ子を自負している。わたしたちのスキーライフの原点というわけだ。

何度来ても、何度滑っても楽しく、飽きないコース。

何度来ても、何度滑っても手ごわいコース。

何度来ても、何度滑っても、また来たくなるコース。

それがテイネハイランドというスキー場なのだ。

 

しかし。

雪が少ないこともあり、女子大回転コースの壁の雪の付きが悪く、一面超アイスバーン。

バーンが青く凍り付いている・・・・

大げさな表現で無く、「スケートリンク」そのものである。

大晦日に偵察に来たのだけれど その時より状態はひどくなっている。

怖ぇ・・・・

立っているだけで腰が引ける。

30度近い斜面がスケートリンク状に凍ると、ターンなどできるわけが・・・・

案の定スポンとエッジが抜け、美しく転倒!

そこまでは想定内。

しかし、

その後が、「止まらない」のだ。

滑落・・・

という表現がぴったりで、10m?20m?も滑り落ちた。

背中で滑り落ちながら、頭は斜面下、両スキーは斜面上側。

すごいスピードがつきながら滑り落ちた。

怖ぇぇ・・・・

滑り落ちながら体を回転させ、スキーを下に持ってくれば止まるはず・・・

なのだが、急にブレーキがかかってしまい、その後どうなるか想像も出来なかったので、怖くてそれも出来ず・・・

本気で怖かった、ケガすることを本気で覚悟した。

長い時間滑り落ちている感覚だったが、実際には恐らくほんのわずかの時間だったんだろうなぁ・・・

目をつぶって怖さに耐え、これからどんな衝撃を受けるか身構えていた・・・ら、小さなコブに背中があたり、奇跡的に?止まってくれた。

いやはや、本気で怖かった。(笑



はい、当然に、こんな怖いコースは滑られません。

で、シティビュークルーズコースに逃げる、弱腰の私たち。(爆

 

teine20200103-4

-8℃はそれほど寒さを感じさせなかったんだけどね。

teine20200103-2teine20200103-3

その後お日様が顔を出し-7℃になった。若干バーンが緩んでエッジが噛んでくれるようになり、なんとか壁を降りてこられるようになった。

 

それにしても怖かった。

 

このコースでこんなにビビったのは、ひょっとしたら初めてかもしれないなぁ・・・

テイネハイランド女子大回転コース。

我々を魅了してやまない斜面ではある。→へっぴり腰でえらそうなことは言えないなぁ・・・(笑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

富良野でヤッホー!前の滑走・次の滑走ようやくコンディション良化?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1480

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2020年1月 3日 23:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今、日本で一番コンディションが良いスキー場と言われる富良野に遠征してきた。・・・滑走日記2019/20(滑走8日目)」です。

次のブログ記事は「ようやく最高のコンディションで・・・指導員養成講習(3) 滑走日記2019/20-(滑走10日目)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。