決して良くはないけれども、されど悪くもない、と言える結果かな? 指導員養成中央講習(初日) 滑走日記2019/20-(滑走19日目)

◆2020年1月25日(土) 朝里は晴れ のち くもり のち雪

SAJ指導員養成中央講習 1日目

(すみません、このエントリーは自分のためのメモです・・・m(_ _)m )

asari20200125-2

今日は指導員中央養成講習。

asari20200125-4

朝里川温泉スキー場は昨日まとまった雪が降り、圧雪車がしっかり押さえてくれたようで、コンディションは極めて良かった!

SAJの資格取得と言うのは、なかなかヤヤコシいもので、理論講習(単位制)、実技講習(単位制)という「(指導員)養成講習というのが必修。そして、実技試験(8種目)に加え、理論試験(筆記)があるのだが、さらには、「受験者用実技研修」というのが2日間ある。そしてこいつは、必修ときているから非常にヤヤコシい。(笑

・単位制理論講習
・単位制実技講習

これらは所属する地域の「地区連」にて行う。私は江別スキー連盟に所属しているので、江別スキー連盟でこの理論と実技講習を受ける。

・2日間実技講習
・そのうち1日の2時間の理論講習

こちらは全日本スキー連盟(SAJ)直轄で行われ、これを今日から受けるわけだ。

・2日間8種目の実技検定
・そのうち1日1時間半の理論検定

これが本番で2月22日~23日の2日間にかけて行われる。短くてアツい濃密な2日間。

まあ、人にモノを教える立場である・・・ということでもあるので、これだけの手間と時間をかけて指導員を養成するというわけ。

・実際の検定バーン(朝里川温泉スキー場)

で、

・実際に当日検定官を務められる偉い先生方に直接教えてもらう

というのが本日、明日の実技講習。いつもの江別の先生方とは違うので、軽く、いや、本番並みのピリッとした緊張感が漂う・・・・


◆1種目め 横滑りの展開 イエローコース

結果〇 ジャッジより「運動要素表現は問題ありません」とのこと。ただ、左手の構えがちょっと悪いので見栄えが悪い、そこだけ気をつけて、とのこと。
⇒腰が回ってしまう事を矯正してきたので、現状としては悪くない感触。もっと厳しい指摘が入るかと思ったので意外な感じ。

(所感)今の状態を維持し、もう少し重心を山側に持ってこれるよう。また、今日は雪の状態が非常に良かったので、条件が悪くなっても今日程度の滑りが出来るようにしたい。


◆2種目目 パラレールターン小回り(不整地/コブ)グリーンコース

結果△(×?)
1滑走め・・・レーンから飛び出してしまう(転倒はしなかったので、レーンに戻り感想)
ジャッジより:レーンから飛び出したのはあまり気にしなくてもいい、ジャッジは良い処だけを見るので・・・とのこと・・・だが。飛び出してしまった理由は後傾になってしまったため。遅れてしまったときにしっかりリカバリーも出来るようにしてほしい。あと遅れないように、正しい位置に乗り続ける(勇気をもって上体を前に持ってくる)ことも取り組むこと、とのこと。(T_T)

2滑走目
1走めよりコブが深く、ピッチが狭いため抑えきれず暴走。レーンから飛び出したり転倒はしなかったものの、あきらかに「スキーを制御できていない」事を表現(笑)してしまった。
ジャッジより:吸収動作の場所が根本的に違う。溝の中では吸収ではなく、足を延ばすこと。足を延ばせば吸収は自動的に起きてくるから・・・とのこと。(T_T)

(所感)8種目中一つでも×が付いてしまうと致命的に取り返しがつかないので、当日、コブレーンに入るか、非コブレーンにするか、岩井講師としっかりミーティングして決める。


◆3種目目 総合滑走(リズム変化)

結果〇
1滑走目
ジャッジより:「右外足時に角が立ち内に入ってしまうのでそこを矯正するように」とのこと。他は悪くないとのこと。

2滑走目
ジャッジより:「運動要素表現、ターンの組み立て/構成は問題なし、ただ、実践種目なので、もうちょっとタテに入り、速度をあげて」とのこと。
まあ、1走目の指摘を修正することだけ考えて滑ったのでやむをえないか。

(所感)全く、一本も練習をしておらず、狭いコースで今日初めて滑った種目としては合格点をもらえたわけで、まずまずと言えるのかもしれない。もう少しコース慣れしておきたいところか。


◆4種目目(シュテムターン)

結果〇
ジャッジ(長瀬技術員)より「運動要素は全く問題なし、正し「うごきが硬すぎる、もうすこし滑らかに」動くように」とのこと。また、「開きだしたスキーに乗った時、もっと押すところを表現して欲しい」とのこと。さらに「引き寄せが若干遅い、もうワンテンポ遅れたら、もう違う動きになる」とのこと。

(所感)まあ、得意種目なので、全く本番練習はしていなかったけれども「運動要素はOK」は現時点ではOKと自己判断しても良いと思われる。長瀬先生からの指摘をわすれず仕上げてゆきたい。

 

*全体所感
ほとんど「種目練習」を行っていない状況下で、4種目中3種目〇、1種目△は上出来と言えるかもしれない。ただ、まだまだ課題は山積。

特に右足外足時の「内入り」は早急に改善の必要がある。

・左足外足のターン終了時、山足(前側(トゥピース側))に「重心」をしっかり乗せる
・そして、その重心を「内に逃がさないように」前向きに圧をかける

これは全ての種目に生きてくるはずなので、明日から意識して滑りたい

明日も頑張ろう!!!

オーンズ自主練習)←前の滑走日記・次の滑走日記→(中央養成講習2日目

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1486

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2020年1月25日 23:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「つかめてきたかな???仕事帰りにチョイ練  滑走日記2019/20-(滑走18日目)」です。

次のブログ記事は「課題は山積・・・・指導員養成中央講習(2日) 滑走日記2019/20-(滑走20日目)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。