雪が良いとスキーがうまくなった気になる・・・指導員養成講習(6) 目滑走日記2019/20-(滑走16日目)

◆2020年1月18日(土)桂沢は晴れ

今日は指導員養成講習(すみません、このエントリーは自分のためのメモです・・・m(_ _)m )

katsurazawa20200118

桂沢国設スキー場は雪が良い!!!!

雪が良いので、練習もはかどる????

katsurazawa20200118-2

今日は岩井講師。

AM 練習内容
斜面が良いので横滑り系・外足荷重確認・ズレに乗るポジション確認

①プルークから内足引きつけ
②プルークからひきつけそのまま横滑り
③プルークボーゲン
④真下への横滑り
⑤片プルーク
⑥真下への横滑り
⑦真下への横滑りで内足リフト
⑧プルーク内足引きつけ連続ターン
⑨真下への横滑り×2
⑩ズレズレ大回り

・真下への横滑りは、油断すると後傾きになる。そうなると角が立ってスキーがスッと前に走ってしまい下に落ちない。これは要注意。

・片プルークは股関節をしっかり動かす(折る)

・外足にもう少し体を近づける、外腰引く、若干後傾

・・・・・・・・

PM
基礎パラレルターン、ズレと外足荷重をしっかり感じる

①基礎パラ小回り
②基礎パラ小回り、タイミングを長くとってズレながら中回り気味に
③基礎パラ大回り、小回りと要素は同じことを表現
④基礎パラ大回りズレズレ
⑤基礎パラ大回りズレズレ
⑥基礎パラ小回り ズレの中ニュートラルをしっかり作る

⑦基礎パラ小回り(撮影)
⑧基礎パラ大回り(撮影)
⑨プルークボーゲン(撮影)
⑩横滑りの展開

動画を見ると、もう少し動きがあってもいいかなと思う。もっと外足に荷重感が欲しい感じがする。

・ズレズレ大回りはズレ幅をもう少し小さくする(外傾、外向、ズレ幅をやや抑える)

練習が終わって、いつもは「残業」で蛍の光(リフト終了の時間)まで滑るのだけれども疲れて来てるのか、今日は講習終了と同時に上がってしまった。

年々キツくなってきているのは気のせいか?(笑

明日も岩見沢で講習

 

今日は岩井講師がビデオを撮ってくれたので、自分の滑りをさらしておきます。

◆基礎パラレルターン大回り

大回り1大回り2
右ターン(左足外足)が「内に入っている」のがわかります・・・


◆基礎パラレルターン小回り

小回り1小回り2
これもやっぱり右ターンが少し「内に入っている」感じです・・・

 

◆プルークボーゲン

プルーク21プルーク
低速だと目立たないですね。でもやっぱり右ターンは左に比べると「内に入り気味」かもしれません・・・


さて、これがあと1か月でどう変わってくれるか、いや、変えていけるか・・・ですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1485

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2020年1月18日 23:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ナショナルデモのレッスンに衝撃を受ける スガトレ(2)滑走日記2019/20(滑走15日目)」です。

次のブログ記事は「今日は岩見沢で凹む・・・指導員養成講習(7) 目滑走日記2019/20-(滑走17日目)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。