養成講習スタート!指導員養成講習(1) 滑走日記2019/20-(滑走5日目)

◆2019年12月29日(日)岩見沢は晴れ

指導員養成講習スタート!

iwamizawa20191229-2

岩見沢グリーンランドはゲレンデにようやく雪が被さっているという程度の状態。ギリギリ講習が出来るというレベル・・・

今日の講師は師匠。

◆徹底したポジショントレーニング

・直滑降
常にスキーの真上にポジショニングする事。

※これから徹底してゆくこと→ジャッジに滑りの終わり・・をアピールする事。しっかりターンの終わりを見せること。これはこれからずっと意識してやり続けること。


・直滑降からスキーを開きだす
開きだす位置を変えて感覚をつかむ。
カカト開き→重心をやや後ろに置く→テールが開く
ブーツ開き→重心はスキー真上→トップが内に向かう

※重心の位置を変えることで斜面から返って来る抵抗(反動)を感じる


・直滑降での上下運動
スタンスをやや広めにとり、とにかく動く→自分の可動領域を増やす。→動きをジャッジに見せる。
とにかく動く、もっと動く。

骨盤を後ろに下げる×
骨盤を下に下げる〇

※アドバイスを聞く時など「待っている時」も両スキーの真上に立ちスキーに圧をかけることを忘れない。

 

・直滑降 さらに上下運動
膝が内に入りやすいので、スキーの面をフラットに保ちながら上下運動する

・プルーク直滑降 上下運動
しっかり真上からスキーを押す


・プルークターン
外スキーに重心を置き体を外スキーに近づけてゆく

 

今のポジションが正しいか、常に問いかけ正しいポジションに乗れているか疑問を持ちながら確認すること。

基本の基本のおさらいのレッスンに明け暮れる。

先は長いぞ・・・・

スガトレ1←前の滑走・次の滑走→江別連盟指導者ミーティング

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1505

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2019年12月29日 23:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今シーズンは新たなチャレンジ・ナショナルデモのレッスンを受けてみる・・・スガトレ(1)滑走日記2019/20(滑走4日目)」です。

次のブログ記事は「連盟のミーティングで山を訪れたんだが、結局滑ってしまうのだった・・・ 滑走日記2019/20-(滑走6日目)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。