非日常の空間へ! 勤続休暇は沖縄へ(初日)

◆2019年11月6日(水) 沖縄は晴れ

今日から金属20年、いや勤続20年休暇で沖縄に来ている。

気温7度の江別から一気に気温28度の那覇へ・・・せっかくなので、精いっぱいリフレッシュの予定。

4:30起床。きょぅはJALの乗り継ぎで那覇まで。

JAL500 札幌千歳発8:00・・・なので早起きが必要なのだ。

羽田からは、JAL913 沖縄那覇着14:05.

この、札幌・東京間のフライトが、私の生涯400回目のフライトとなった。(JALマイレージバンク入会後)

JGC

(まあ、我ながらよく飛んだな~という感じではある。500回登場するとJALから隠しプレゼントがあるらしい(バッゲージタグ)のだが、今は年間10フライトもすれば多い方なので、生きている内に達成できるかどうか・・・?というところかな?)

◆窓の外を眺めて過ごす・・・

普段、出張でヒコーキを使うときは「朝イチ」「最終」という組み合わせがほとんど。宿泊でも、当日日帰りでも大体そうだ。仕事を抱えながらながらPCを使っていたり、または、爆睡というケースが普通だった。

しかし、今回は早起きしたにも関わらず、窓の外の景色をずっと眺める事ができた。

東京より南へ向かうヒコーキに乗るのが極めて珍しいうえに、今回は九州を超えて沖縄だ。気持ちがリラックスできているのか、眠気をそう感じなかった。

okinawa_Jal2019110604

羽田からの出発は、夜遅く、最終便がほとんどなので昼の発着は興味津々。浮島のような滑走路に、出発を待つヒコーキが6機。

そう、羽田からの出発は札幌へ向かう帰路がほとんどで、出発はいつも夜だったわけだ。

滑走路が浮島のようになっていたり、渋滞するヒコーキが列をなしている情景など、要するに「モノ珍し」かったわけで、機窓にクギづけだったとわけだ。

離陸後、しばらくして富士山が望めたり。

okinawa_Jal2019110603

愛知県上空で「並走」するヒコーキを発見したり。

okinawa_Jal2019110611

(写真はクリックで拡大します)高度がかなり違うところを並走していた。写真のど真ん中に「けし粒」のように見えるのがJalの小型ジェット。

このヒコーキは愛知上空で大きく右旋回、こちらは大きく左旋回。空路図を見ると、どうやらかのヒコーキは大阪へむかったらしい。

少し経つと、紀伊半島が丸ごと望めたり。

okinawa_Jal2019110602

飽きなかった。

肉眼で見る空の色と、写真に撮った空の色が思い切り違っていた。(カメラのレンズを通すと青が濃くなる)

その後、日本海上空に出てひたすら南下、風景も海また海で、さすがにつまらなくなり眠ってしまった。

目覚めると、沖縄上空。

okinawa_Jal2019110608

海の色がとにかく美しい・・・

okinawa_Jal2019110601

天気も素晴らしく、滑らかに滑り込むようなランディングのあと、気温26度の沖縄に降り立つことが出来た。

3泊4日の「小さな冒険」が始まった・・・・

【冒険初日】

昼食 ジャッキーステーキハウス

観光 国際通り散策

夕食 廻転寿司・やざえもん

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1466

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2019年11月 6日 22:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ピンボールマシン・・・と言っても、「わかる」世代は限られるのではないかと思うのだが・・・村上春樹 1973年のピンボール を読む」です。

次のブログ記事は「沖縄のソウルフード? 飲んだ後の〆はステーキ? ジャッキーステーキハウス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。