本当にリスクは低いのかな? 対韓国「制裁」貿易制限・・・

韓国貿易
東洋経済online7月15日付ページより引用

◆安倍総理のブチ切れは理解できるが・・・

確かにその通りだ。

文大統領は頭がおかしいのではないかと思える位、日本に対して「敵対」することしか考えていないのではと思われて仕方ない。

韓国という国に特徴的な思考で、「前為政者の為したことをことごとく否定する」というものがあり、これは史前時代からの話であり、漢民族のDNAと言っても良いのではないかと私は考えている。よく言われる「呪(ハン)の文化」というやつだ。

国が変わると、征服者は前の為政者の一族郎党をすべて根絶やしにするほど殺戮した・・・という。そうしないと、逆に自分たちが(前の為政者の子孫に)寝首を掻かれることになりかねない・・・ということらしい。

なので、韓国は大統領が変わるたび、前大統領の疑獄事件が発生するとも聞く。

 

それにしても、文大統領はちょっと行き過ぎではないかと私には思えて仕方がない。

自分(文大統領)にとって受け入れがたいものなのかもしれないけれど、慰安婦問題にしても「国と国とが正式に意思表示した」結果の「不可逆的合意」のはずで、それは、一大統領の意思で翻して良いわけはない。

それ(国と国の合意事項)を反故にするということは、ほかの国から相手にされなくなる事につながってゆき、巡り巡って結果として自国の為にならない・・・

 

さらには、まるでこちら(日本/安倍総理)の神経をわざと逆なでするような慰安婦基金の一方的な解散・・・

そのほかにも、北朝鮮への超友好的な態度とは極端に文政権は種々「無礼千万」な行為で、まるで私たちを「挑発」しているかのようにすら映る。

 

安倍総理が「ブチ切れ」るのもわからないではない・・・・

しかし。

しかしだ。

こと、ここに至っても、私は不安だ。

この「制裁的貿易制限」が株価をはじめとして、我が国の経済・産業に悪影響を及ぼすのではないか・・・と思えて仕方が無いのだ。

 

(この項続く・・・はず)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1404

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2019年7月15日 01:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「北見で考える・・・伝える技術について?」です。

次のブログ記事は「人口17万人の大都市釧路から、360円で行ける秘境、釧路湿原駅 =失われし風景を求める旅(36)=わが町ご当地入場券購入記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。