平成から令和へ

◆2019年5月1日(水)

令和元年 5月1日・・・

キャプチャ

Googleも大騒ぎ・・・

◆ゆく年、来る年でもあるまいに・・・

heisei

自分的には記憶に新しいところだったんだけど、もはや31年も経ってしまっていたわけだ・・・・

Googleは早くから、

キャプチャ

平成のカレンダーがチラチラめくれそうな画像が・・・

そして、

令和

Googleもさっそく・・・

レイワ

テレビも、まるで「ゆく年くる年」のように「平成から令和」をイベントのように取り上げている。

ちょっと騒ぎすぎな感じさえする。

私は平成元年入社だったので、感慨はないことはない。会社勤めもあと3年というところまで来ている。改元があと3年延びてくれれば、きっちりだったんだけどな・・・(笑)その程度の感覚。

 

ただ、天皇陛下のご退位には、感じるものは、ある。

とにかく戦争を「二度と繰り返してはならない」という強いメッセージを出して、平和を希求された陛下だった。

軍部の独走を抑えきれず、「天皇」の名のもとに「聖戦」という流れが出来てしまったことを「痛恨」とされた。

戦争責任、近隣諸国への謝罪的対応に関しては、「象徴」を踏み越えて、政治的活動スレスレというところまで踏み込んで、積極的な「反省」をあらわされていた。

戦争への思いは一人一人が受け継ぐべきとも思う。

たとえ、どんな事があったとしても、戦争は絶対に繰り返してはいけない・・・と。

 

また、災害の時には(私の印象だが)総理大臣、国務大臣よりも早く・長く現地におられ、被災者を慰問された。
その慰問の言葉はとにかく相手の立場に立ったもので、そして、目線を下げたお姿がとにかく印象的だった。

 

平和と、国民に寄り添うことを徹底された陛下、国民の象徴として、素晴らしい方だったと思う。

お疲れさまでした、と心から労いたいと思うのだ。

 

平成から令和へ。

時代は変わったわけだ。自分も変わらなきゃ・・・ね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1348

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2019年5月 1日 00:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「厚岸の味の集積地?厚岸味覚ターミナル・コンキリエ」です。

次のブログ記事は「数少ない「人口が増えている」マチの駅 幕別駅=失われし風景を求める旅(16)=わが町ご当地入場券購入記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。