網走駅弁 「モリヤ商店」の かにめし

網走駅に来たら、これだ!

kanimeshi20190303-2
(写真はクリックで拡大します)

◆オホーツクの味 網走駅弁・「モリヤ商店」のかにめし。

駅弁のおかずは、弁当に入ってるだけではない。車窓からの風景がなによりのおかず!

したがって、駅弁が本当においしいのは「揺られる列車の中でいただく」食べ方が一番に決まっているのです。

網走駅から出発列車に乗られる方は、これ、是非味わってください。


ふっくらとした炊き込みごはんに、びっしりと盛られたカニのほぐし身。これはズワイのようですね。

できたてて、まだ暖かいご飯と味をつけすぎていない、比較的自然な風味のカニの味わいがなんとも絶妙。

カニの味が濃い・・・というか酢で〆てあるわけでもなく、よけな味付けがされているわけでもなく。

カニの風味と旨味がそのままダイレクトに伝わってきます。

 

食べる人によっては賛否両論で、「シイタケや昆布、紅しょうがの味が濃すぎて、淡白なカニと合わない」という評判もあるようですが、私は「これはうまい!」と思います。(←単に卑しいだけか? 笑)

 

私は、箸が止まらなくなって、あっという間に完食。

もう一つあれば、多分ペロリと平らげられたはずですね。

うまいです!

kanimeshi20190303

網走駅を訪れたら、食べなきゃ損ですよ!!!!(笑


そのほかの駅弁食べ歩きはこちら(かにめし・ばっかですが・・・)→

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1335

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2019年4月23日 01:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「-13℃、極寒の地の朝は全てが凍り付いていた。美幌駅=失われし風景を求める旅(8)= わが町ご当地入場券購入記」です。

次のブログ記事は「懐かしく、賑やかだったころの思い出が残る駅。網走駅 =失われし風景を求める旅(8)= わが町ご当地入場券購入記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。