特急の停車駅で人口最小の町の駅・音威子府駅=失われし風景を求める旅(5)=わがまちご当地入場券購入記録

宗谷本線 音威子府駅

otoineppu20180818-10
(訪問は2019年8月です。すべての写真はクリックで拡大します)

人口日本最小の村・・・の駅

JRの特急停車駅で日本一人口の少ない町の駅

音威子府村の人口をご存知でしょうか?

800人です・・・

8000人じゃないですよ、800人ですよ・・・・正確には770人らしいのですが・・・

少ない・・・そして、やはり寂しい・・・

 

かつては廃止になった天北線と、まだ現役の宗谷本線との分岐駅で、重要な乗り換え起点駅であったらしいです。

日本海側へ向かう宗谷本線、オホーツク海側へ抜ける天北線、そして、それをつなぐ音威子府駅。

人口800人になっても3系統のバス路線があるということは、もう少し昔は、それなりに「栄えた」地域ではなかったのかと思うのです。

待合室は鉄道資料館のようになっていて、この音威子府駅のジオラマが展示されています。

otoineppu20180818-6

おお~!やはり貨物引き込み線が沢山あって、機関庫に転車台まであります。

これは、やっぱり相当賑やかだったのではないでしょうか?

昭和10年には4000人も人口があったらしいですね。現在は5分の1程度といったところでしょうか?

 

基幹産業は林業と農業。

林業が盛んな駅の周りって、木の香りがあたり一面に漂っているんですよ。とても良い香りで私は大好きでした。

恐らく、ここ音威子府も昔はそうだったのだと思います。大きな木がカットされて、あたりに芳香を振りまいていた、静かな中に木の香りが漂う村・・・

otoineppu20180818

ホームは二面3線。やはり分岐駅らしく、りっぱな跨線橋があります。

ちょうど稚内行きの普通列車が発車を待っていました。

otoineppu20180818-2

このまま、ひょいと乗り込んで、稚内まで行きたくなります・・・

otoineppu20180818-4

しかし、静かです・・・本当に静か・・・

otoineppu20180818-9

しかし!みどりの窓口は16:10で終了してしまっていました!私が到着したのは16:30頃・・・なんということでしょう!タッチの差で切符が購入できませんでした・・・(T_T)

(入場券は駅を出て、向かって左を相当走って、セイコーマート音威子府店でようやくゲットできました)

otoineppu20180818-7

名物の音威子府そば・・・も15:00で終了の様子でありつけず・・・

お腹も心も寂しいです・・・・

otoineppu20180818-8

一日の発着列車は発車14本、到着13本。

人口の割には、発着本数が多いですね。これは良いことです。

しかし、本当に静かです。

人が恋しくなる、本物の静けさ・・・ですね。

DSC_0019

 

************************

音威子府駅

みどりの窓口 8:15~16:10 営業時間注意!

セイコーマート音威子府店 6:00~23:00

************************

◆わがまちご当地入場券購入の旅インデックス
◆(天塩中川駅)←前の駅・次の駅→(名寄駅

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1330

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2019年4月17日 02:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人よりも牛の数が多い町の駅 天塩中川駅。=失われし風景を求める旅(4)= わが町ご当地入場券購入記」です。

次のブログ記事は「私の旅のスタートの駅。名寄駅=失われし風景を求める旅(6)=わが町ご当地入場券購入記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。