美幌駅 失われし風景を求める旅8・・・ わが町ご当地入場券購入記

石北本線 美幌駅

bihoro20190303

(この記事は2019年3月3日の記録です)

今日は強行軍!

キハ183記念入場券の購入に合わせて、一日で網走・根室・釧路・帯広を回る

今月末で、発売が終わってしまうから、慌てて今日は強行軍の日程を組んだ。

キハ183の記念入場券を買いながら、途中の道々でこの「ご当地入場券も買い拾う」そんな「集めテツ」な旅。

まずは朝(夜中?)3時前に家を出て、この地に到着。

気温は朝7時で-13℃!寒い!

bihoro20190303-2

公衆電話ボックス(懐かしい存在になりつつある)は、一面の霜で中が見通せない。

駅前には、C58の動輪が・・・

bihoro20180303-3

かつてのSL王国・・・

SLが走り回っていたころは、この駅周辺もさぞかし活気があったと思う。

bihoro20190303-4

駅に隣接して、物産館も併設されているのだが、7:00では開館していない。

入場券は駅で販売しておらず、この物産館での販売。ここが空くのは9:00・・・・(T_T)

駅スタンプも押したかったのだけれども、今日の予定は目白押しで早めにここは通過したいところ。

泣く泣く、近くのセイコーマートで券を購入。

駅を出て最初の信号を右に、そして次の信号も右に曲がると、その先にセイコーマートがあり、そこで買うことが出来ます。

かつては、甜菜糖(てんさいとう)の一大産地という事もあり、貨物列車の一大ターミナルであったらしい。

沢山の食品系工場があり、それぞれが「専用線」を自社に引っ張り、各工場から全国各地に貨物列車が旅立っていたらしい。

相当な賑わいがあったんじゃなかな・・・・ただ、人口は最盛期の昭和40年代で26000人で、現在は19000人だから、落ち込み度合いはそれほど大きくは無い。

(以下写真はクリックで拡大します)

りっぱな跨線橋。(渡ってみたかった)

DSC_0096

北見方面を望む、

bihoro20190303-6

網走方面を望む。

bihoro20190303-5

逆光で写真がぼけているのが残念。

bihoro20190303-7

-10度を超えている世界はとにかく寒いというより「痛い」感じがして、早々に車に避難をせざるを得なかった。

そして、ツルツルのアイスバーンを網走へ向かう・・・

DSC_0118

************************

美幌駅

美幌観光物産館(駅となり)
  9:00 ~ 11:00
12:00 ~ 17:00

セイコーマート美幌鳥里店でも販売 24時間

************************


◆わがまちご当地入場券購入の旅インデックス

◆前の駅(士別駅)次の駅(網走駅)

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1334

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2019年4月21日 20:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キハ183-0系気動車特急引退記念入場券 コンプリート!」です。

次のブログ記事は「失われし風景を求める旅・JR北海道わがまちご当地入場券購入記録 更新!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。