羊のマチ、村上春樹の小説の舞台となった駅。士別駅 =失われし風景を求める旅(7)= わが町ご当地入場券購入記

宗谷本線 士別駅

shietsu20180504-1
(訪問は2018年5月4日、すべての写真はクリックで拡大します)

ほとんど素通りに近い旅・・・

◆羊のマチ?「さむらいしべつ」駅

いきなり余談だが、北海道には「しべつ」という町が二つある。

一つはここ、道北の士別。そしてもう一つは知床半島の付け根にある標津。

読みは同じ「しべつ」であるため、容易に識別できるように前者は「さむらいしべつ」後者は「ねむろしべつ」と呼び分けられている。(ちなみに「根室標津」もJRの駅が平成元年までは存在していた)


さて、この「さむらいしべつ」は、家人を日向温泉に連れて行った際に立ち寄った名寄駅の次に訪れた駅である。

当然、駅でモタモタしている暇は無い。そそくさと切符を購入したらすぐ駅を後にしなければならなかった。

せっかく行ったのだから、ホームとか時刻表とか、撮影しておけば良かった・・・あと駅スタンプも・・・

残念・・・

shibetsu20180504-2

士別は全国でも有数の羊の産地であり、飼育地であるらしい。

なんでも常に1000頭を超える数の緬羊がこの地には存在しているらしい。

人口が二万人に満たない市で、1000頭を超える羊である。割合は高い。(笑

サフォークという種類の羊である。

羊肉のバーベキュー、つまりジンギスカンであるが、ここでは、あちこちでそのジンギスカンが食べられるらしい。

(家人孝行のため、すべて素通りだったが・・・)

shibetsu20180504-3

ご当地入場券のスタンプにも、サフォーク羊があしらわれている。

羊にも会いたかったね。

私のアイドルでもある村上春樹の小説「羊をめぐる冒険」の舞台の地でもあるわけだ。

いつか近いうちにきっと訪れて、駅にも羊にもゆっくり会いたいものだ・・・

 

************************

士別駅

みどりの窓口 6:00~16:50

セイコーマート士別南大通り店でも販売25:30~24:00

************************

◆わがまちご当地入場券購入の旅インデックス

◆(名寄駅)←前の駅・→次の駅(美幌駅

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1332

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2019年4月19日 01:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「私の旅のスタートの駅。名寄駅=失われし風景を求める旅(6)=わが町ご当地入場券購入記」です。

次のブログ記事は「キハ183-0系気動車特急引退記念入場券 コンプリート!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。