意外に知られていない道東の超重要の地 厚岸駅=失われし風景を求める旅(13)=わが町ご当地入場券購入記

根室本線 厚岸駅

akkeshi20190303-7
(訪問は3月3日、写真はクリックで拡大します)

◆意外に知られていないが、歴史上の重要拠点の厚岸

厚岸の歴史は極めて古く、天然の良港であったことからも、江戸・明治の古から、国防・物流・アイヌと和人の敵対和合・海産・産炭と非常に重要な位置を占めていたらしい。

釧路や帯広などが比べ物にならないほど、重要かつ反映していた地が厚岸。

・江戸から明治は海産物を中心とした物流と交易の拠点。
・昭和初期はニシン景気
・昭和中期は産炭景気

ということで栄華を極めていた時期があったらしいのだ。

akkeshi20190303-2

広い広い待合室、かつてはkioskや弁当の売店などがあったことだろう・・・ここで、一服しながらGoogleで厚岸の歴史を見てみると、そんな知られざる「厚岸繁栄の歴史」を少しばかり知ることができたわけだ。

かきめし・・・あれば買いたかったのだけれど、どこで買えるのか分からなかった・・・

akkeshi20190303

駅前広場。かつては沢山の人々であふれかえっていただろう場所は、ガランとしてひたすら「静寂」が漂っている。

15:00までは有人で切符の販売も行っているとのことだったが、あいにくそれに間に合わなかった・・・(T_T)

akkeshi20190303-3

プラットフォームには大型の庇があり、多数の乗降客が利用していたことをかすかに伝えている。

akkeshi20190303-4

根室側を望む。

akkeshi20190303-5

釧路側を望む。

りっぱな跨線橋があった。今にして思えばせっかくだから渡ってみて、そこから写真を撮っておけばよかった・・・

akkeshi20190303-6

15:00を過ぎてしまったので、切符は車で5分の厚岸味覚ターミナルコンキリエで購入。

akkeshi20190303-8

************************

厚岸駅

みどりの窓口

営業時間:6:20 ~ 15:10

厚岸味覚ターミナル コンキリエ

営業時間:9:00 ~ 18:00
冬期(11~3月)は10:00 ~ 18:00

休業日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
ただし、7~8月は休まず営業
年末年始(12月28日~1月2日)と2月13・14日は休業

JR北海道HPより引用 営業時間注意!

************************

◆わがまちご当地入場券購入の旅インデックス

◆(浜中駅)←前の駅・次の駅→(釧路駅

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1343

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2019年4月28日 21:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「絵画を観るような美しい灯台と海 霧多布岬」です。

次のブログ記事は「暮れなずみ、西日を浴びてすべてがオレンジ色に輝いていた 釧路駅=失われし風景を求める旅(14)=わが町ご当地入場券購入記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。