一筋の光は見えたけれども・・・ベトナム戦 アジアカップ2019観戦記

■2019年1月24日(木) 江別は晴れ

アジアカップ2019

日本代表1-0ベトナム代表

■一筋の光は見えて来たけれども・・・

FIFAランキング100位台の相手・・・とは思えない相手だった。

5バックでしっかりディフェンスを固めながら、ボールを奪った瞬間からは速いパス回しで日本ゴールに襲い掛かってくる。

日本はゴール前をしっかり固める相手にパスコースを塞がれてしまう局面がたびたび訪れる。

ベトナムは中盤まではルーズに日本にボールを持たせて、ゴール前しっかりした守備から堅守速攻を仕掛ける。そして日本にボールを奪われると驚異的なスピードで自陣に戻る。

得るものが何もなかった勝利から、ポゼッションで試合を支配しゴールにつなげようという意図が見えるプレーが続く。

 

じりじりするようなフラストレーションが溜まる流れの前半。

 

後半に入ると、さすがにベトナムの選手たちのスタミナが無尽蔵ではなかったことが証明され、やや動きが鈍くなってスペースが開いてきた。

スペースを与えられると、日本の選手たちは甦る。

攻撃のスピードが上がり、流れるようなパス交換から、あわやのシーンをいくつも作り、ゴールの匂いが漂い始める。

ベトナムの選手たちはもはやファウルで止めるしか手が無くなった。

堂安が得たPKはまさにそんな流れの中で起きた。

そしてその良い流れは残り20分での大迫の投入、残り15分での乾の投入で加速する。

やっぱり大迫が入ると堂安も南野も見違えるようにリズムが良くなる。

前線でのキープと素早い散らしは、前線の選手たちに勇気とリズムを与える。


しかしながら堂安のPKでの得点以外、流れの中からの得点はなかった。匂いは十分に漂ってはいたのだが・・・

一筋の光は見えた。

あとはその光をもっと強く、そして輝けるようになってほしいものだ。今回のアジアカップ最低のノルマは優勝。
最低のノルマに向けて、もっと美しいサッカーで勝ち抜けてほしい。


それにしても、ベトナムチームには驚かされた。いいチーム、怖いチームになってきている。

アジアも侮れなくなってきつつある・・・

 

■アジアカップ日本代表全観戦記はこちら→

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1317

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2019年1月25日 00:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「得るものの何もない勝利の中で・・・サウジアラビア戦 アジアカップ2019観戦記」です。

次のブログ記事は「世界との戦いでの経験値の差が出た イラン戦 アジアカップ2019観戦記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。