まさかの点滴生活の逆戻り・・・ イレウス闘病入院日記(5日目)

2018年10月5日(金)札幌は晴れ

tobyo20181005

■本日の状況
血圧:128-78
酸素98%
対応36.7

朝 ドクターと相談して朝食は抜くことに

昼食はエビチリ・・・ごはんは固い

お見舞いは4組9名様・・・・

まあ、何とも忙しいお見舞いラッシュ。
周囲の入院患者様たちに迷惑だよな、これだけ騒がしいと。。。
すみませんです。


食事後、やっぱり痛い。
刺すような入院直後の刺すような痛みではないけれども、じわじわと押さえつけられるような深いな痛み。

ドクターより水分摂取の指示。
できれば点滴をした方が良いとの事で、一も二も無く同意。(点滴をした方が楽になるのでね・・・)

小腸にて炎症があり、大腸での水分補給が出来ないため血液濃度が濃くなる。それを輸液で補うらしい。
なあるほど。とっても説得力ありで納得。

病人に逆戻りする感覚もありしぶしぶではあったが痛むよりは、はるかに良いと点滴選択。

ドクターより、退院は若干伸びるとのこと・・・・(T_T)


■本日も沢山のお見舞いありがとうございます。

NG長/T係長
Y2G長/N部長
まご/嫁/次男
K地/N崎T長

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1303

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2018年10月 5日 20:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「油断大敵?一進一退・・・ イレウス闘病入院日記(4日目)」です。

次のブログ記事は「入院後、初の静かな一日・・・・イレウス闘病入院日記(6日目)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。