闘う準備は整った、あとは次で結果を出すだけ! 日本代表ワールドカップ観戦記


日本代表0-1ポーランド代表

2018poland
フットボールチャンネルより・・・

西野さんは先発メンバーを6人も入れ替えて来た。

「徹底して守っての引き分け狙い?」

過去2戦の攻撃的な戦法からガラリと変えてくるのか?これだけメンバーを変えてくる理由はここにあるのだろうか。

選手たちの動きを見ると、思いっきり守備的に行くのかと思えば、そうでもない。

主力の消耗が激しい?現在の代表チームは「疲労度」を見た目だけでなく、データ化し数値化していると聞く。

バテ方が激しいとしても大事な大事な一戦なのだから、それ(疲労)を押しても主力を出してくるのは無理の無い選択でもある。

と、いう事は・・・

主力の温存。

 

それしか無い。

グループリーグ突破がかかる大一番で、「主力を温存」し「ベスト8以上」を狙う。彼は「グループリーグを勝ち抜けたその先」まで見据えた采配を振るったということだ。

恐らくは、いろいろな状況を設定してシミュレーションしていたのだろうと思う。そしてそのシミュレーションのゴールは決勝トーナメント進出ではなく、おそらくはベスト8以上を想定していたのだろうと。

今までの代表監督で、グループリーグの先をここまで「具体的にイメージ」しながら采配を振るった監督はいない。

なんと大胆で、そして高い志をもった采配か。

 

そして戦い方。

0-1とポーランドに先行を許す。この時点で日本は3位。

従って、追いかける展開となった時はまだ攻撃する姿勢を見せていた。

しかし、別会場でのコロンビア・セネガルでコロンビアが得点する。こうなると日本は(なじみが全く無かったが)フェアプレーポイントで2位に浮上。

そこからが前代未聞、「負けている状況でボール回し」が始まった。

 

サッカーのグループリーグ最終戦を闘うカギは「同グループの他者の状況把握とそれに応じた対処」といえるわけだ。

グループリーグの最終戦はどの試合も時刻が一斉にスタートである。このことは「他会場(他試合の動静/結果)の情報が大きな価値を持つ」という事を意味する。

そういう意味では今回の西野ジャパンの取った「残り10分」のボール回しは、理にかなった「安全かつ確実な戦い」だったわけだ。

批判も、不完全燃焼感もあろう、しかし、そのおかげで「主力のスタミナは使い切られることなく温存され」決勝トーナメントを本気で勝ち抜く体制は整った。

決勝トーナメントでは、越えられなかった壁に再びチャレンジだ。


がんばれ! 日本代表!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1288

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2018年6月28日 23:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「強くなった・・・・日本代表は本当に強くなったと思う・・・サッカーワールドカップロシア観戦記」です。

次のブログ記事は「ベルギーにあって、日本代表になかったもの・・・ ロシアワールドカップ観戦記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。