今は、ちょっとだけ「完勝」の美酒に酔いたい 日本代表ロシアワールドカップ観戦記

2018年6月19日(火)江別は晴れ

日本代表2-1コロンビア代表

daihyo20180619
フットボールチャンネル 6-19 より)

コロンビアの調整はここ「緒戦の日本戦」には合っていない。あくまで決勝トーナメントに照準が合っている。

優勝争いをするチームにとっては、グループリーグの緒戦、しかも大幅に格下の相手には「ピークのコンディション」にしては来ないのだ。

対して、日本はあるいみ「コロンビアから勝ち点を奪うにはどうしたらよいか?」そこだけを考えて、「ピークのコンディション」にして来た。

試合前のコロンビアの選手たちは、一様に「笑顔」が満ちていた事に気づかれた方も多かっただろう。

(日本の選手たちが悲壮感を漂わせ、ひきつった表情が多かったのとは本当に対照的だった・・・)

実は、彼らも怖かったのだ。大幅に格下とはいえ、四年前は4-1と蹂躙した相手とは言え・・・

ワールドカップ本番での緒戦は、やはり恐怖にも近い重圧を彼らにも与えていたとしか思えない。その、計り知れない重圧からの逃げの姿が、彼らの笑顔だったのかもしれない。


立ち上がりわずか3分の、まさに「交通事故」としか言いようの無いハンドによる一発退場とPKにより、彼らの恐怖はピークに達してしまった。

フレンドリーマッチでは、おそらく10人になってもあそこまで守備的には戦わないだろう。

明らかに彼らは日本をリスペクトして、その速い攻撃を怖れていたということだ。



そういう意味では今日の日本代表の試合は、ワールドカップ本大会ではかつてないほど横綱相撲だったと言い切れる。

10人が相手だったとはいえ、あのコロンビアに、90分間まともなサッカーをやらせなかったわけである。

これを横綱相撲と言わず、何といえるだろう。

セットプレーからの失点はあったが、結局90分で完全に守備が崩されたシーンはほとんどなかった。

思わず、主審がコロンビアに「あり得ないPK」を与え(そう、長谷部のあれは断じてファウルではない)なくてはいけないほど、コロンビアは弱かったのだ。

そして、前半の終わりころから消えてしまった香川に代えて入った本田がどんぴしゃりのコーナーキックを送り、大迫は試合を決めるヘッドを放った・・・

 

ワールドカップに勝つために招へいした「勝ちを知っている監督から干された男」が、「ワールドカップで初采配の監督に呼ばれた恩返し」をしたという事か。

なんとも皮肉な結果ではある。

試合開始直後に10人になってくれたこともそうだけれども、エースのハメル・ロドリゲスのコンディションが今一つだったことも・・・・

幸運だった。これはまぎれもない事実だろう。

しかし、余裕綽々としか見えなかった相手を、時間の経過とともに消耗させ、焦らせ、自分たちのサッカーを見失うほどにさせてしまったのは、決して運だけではない。

 

まだ勝ち点3を得ただけで、決勝トーナメントへのチケットを手にすることが出来たわけではない。本当の戦いはこれからだ。


でも、今は、この「南米の雄にサッカーをさせなかった完勝」に酔いしれたいと思うのだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1286

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2018年6月19日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Google 2018ロシアワールドカップ記念ロゴ」です。

次のブログ記事は「強くなった・・・・日本代表は本当に強くなったと思う・・・サッカーワールドカップロシア観戦記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。