釣りに行くより「新鮮?」厚田の港朝市に行って来た。

◆2018年5月4日(金・祝日)厚田は晴れ

厚田漁港 朝市

atsuta20180504-10

新鮮な魚たちに会って来た。

◆家人に叩き起こされて訪れた港は・・・

atsuta20180504-1

ゴールデンウィーク中盤、朝5時に家人に叩き起こされてやって来たのは厚田漁港朝市。

正直言って、いやいや、しぶしぶ出かけてきた・・・(眠かった)というのが本音。

ところがついてみてビックリ!

魚が無茶苦茶新鮮で、そして、安いのだ!

atsuta20180504-4

マガレイやクロガシラはなんと「1箱」1000円!である。

どう考えても10枚近くは入っている。つまり1尾あたり100円前後ということだ。

atsuta20180504-5

次々に店先に入ってくる魚たちは、そのほとんどがまだ生きている。そう、船から揚げられたばかり・・・ってことは、「ついさっきまで泳いでいた」ってことだ。

釣りに行って「釣り上げたばかり」の鮮度と何も変わらない・・・ってことだね。

私の大好きな、ソイ、それもマゾイやシマゾイ・・・私はこれを(海の)魚の王様だと思っている。釣り味も、刺身の味も最高だからだ・・・も、驚くほど安い。そして新鮮。

atsuta20180504-6

サクラマスはさすがに1本1500円~2000円していた。

atsuta20180504-9

デカイ、アンコウもいた。

atsuta20180504-3

ヒラメもうまそうだ!

atsuta20180504-8

ホタテも、たっぷり入って一袋1000円!

atsuta20180504-2

干物類も安くてうまそう・・・・

私が海に釣りに出るのは、年に1~2回。ソイやクロガシラを狙ってゆくのだけれども、ここに来ると、いとも簡単に鮮度と価格の良い魚たちに会える。

まあ、ソイやクロガシラのデカイやつを釣り上げたときの充実感、達成感などはお金では買えないものだけれども、釣る楽しみと食べる楽しみの内、食べる楽しみの方は確実にこちらに軍配があがりそうな気はする。

家人が目の色をかえていたのもわからないではないな・・・

 

これから、ウニやシャコが水揚げされるシーズンだ。

早起きして、また来るのも良いものかもしれないな・・・・

atsuta20180504-7

◆厚田漁港 朝市

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1278

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2018年5月 4日 21:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なんだか疲れた・・・怒涛の1か月を終えて」です。

次のブログ記事は「朝市の帰りに立ち寄ったら、それは、出来立てのピカピカであった! 道の駅石狩あいロード厚田」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。