これは、ちょっとマズいかなぁ・・・森友学園問題、公文書偽造に思う・・

◆2018年3月6日(火) 江別は晴れ 寒い!

moritomo

Yahoo!ニュース より

これは、ちょっとまずいんじゃないかなぁ・・・・

◆役人が国会を欺く?公務員が文書を偽造する?

モリカケ疑惑?は、いい加減「いつまでやってんのよ!」という感じで、もはや「飽き」を感じる位の感覚だった。

しかし、これ(公文書偽造、国会提出)は違う。

公文書偽造・・・これは立派な犯罪で2年以下の懲役、または20万円以下の罰金・・・である。

立派な「犯罪」なのだ。公務員による職務における犯罪。

2年以下の懲役、または20万円以下の罰金というと、どの程度のレベルか、量刑が相当するのは、おおむね暴行罪/脅迫罪が該当する。

暴行や脅迫に匹敵する罪が公文書偽造というわけで、これは、なかなかに重い犯罪ではないかと思える。

 

さらに問題なのは、もしこれが事実だとすれば、「財務省は国会を欺いた」ということになる。

役所が「国権の最高機関」を欺いたとなれば、これはちょっと見過ごせない。

野党が一致団結して猛反発するのも、これは無理も無いと思える。

 

役人による忖度・・・に続いて、役人による「犯罪?」となると、役人の地盤沈下的レベルダウンを感じざるを得ない。

公務員/役人としての矜持はどこへ行った・・・という感じではある。

お役所仕事、という言葉に代表される「役所の文書主義」である。言葉=文書はある意味「役所」を成り立たせるそのものではないかと私は思う。

自分たちの仕事への重みの認識、責任感、誇り・・・そうした矜持を役人が失ってしまっているように感じられてならない。


これは、ちょっとまずいんじゃないかなぁ・・・と思うのだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1260

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2018年3月 6日 23:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2018年度・SAJ準指導員検定 応援記3 合格発表」です。

次のブログ記事は「強烈なアイスバーンに四苦八苦・・・ 朝里川温泉スキー場 滑走日記2017-25」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。