ATMIC ALL STAR CAMP2018 現役デモのレッスンはとってもわかりやすかった。 滑走日記2017-32

◆2018年3月31日(土) 朝里は晴れ

今日と明日はATMICのデモレッスンとATMIC板試乗会に行って来た。

atmic20180331

圧倒的なコストパフォーマンスにビックリ!

◆この金額でこの内容は最高!?のレッスン

二日間の参加費が9000円。

この料金に、

・SAJナショナルデモ、SAJデモのレッスン
・リフト代
・試乗料金

が、全部含まれている!

通常はナショナルデモクラスだと、リフト代別で8000円程度。一般的なスキー場の一日券は4000円程度だから、通常デモレッスンを受けようとすると最低でも12000円ほどかかる。

なので、金欠病?の私は、なかなか受講できない。(笑

それが、今回はレッスンを受けられて、リフト代もついて、スキーの試乗まで出来て(これ(試乗会)も通常は1000円程度実費がかかる)全部こみこみで9000円。これは安いというより「サービスパック」バーゲン価格である。

そして、内容も良かったなぁ。。。


(以下は完全に自分のためのメモ・・・)

◆AM 手倉森デモによるレッスン

若くて細いのに、スピードに乗った豪快な滑りを見せてくれる女性デモ。

レッスン・アドバイス内容

【大回り】

トレーニング内容
ターン中、内側の腕を「固定」したまま、外側の腕をローテーションさせる。
⇒これにより、身体の内側が「ブロック」され、自然な外向傾が維持できる

・ポジションが非常に不安定、前に行ったり後ろに行ったり・・・
(斜度とグシャグシャの雪でやや腰が引けたか・・・)

・頭が前に来すぎる
(踵中心のスキー操作を脱却しようと意識しすぎ、スキーを見すぎ・・・)

【小回り】

・スキーの動かし方は良い

・とにかく視線を高くすること

メモ/アドアイス

・スキーをとにかく「たわませる」こと、ターン後半の「抜け」を感じる事。

・視線を高くしゴール(インストラクターを)しっかり視野に入れて滑る事

・どうしても「内に入りローテーション」して「体でスキーを回し」に行ってしまう

◆須川ナショナルデモによるレッスン

トレーニング

・シュテム⇒そのまま⇒山回りで閉じる 。

体でスキーを回しに行かない。開きだした時の体制でブロックする。開きだし時出来上がった外向系をしっかり維持する。

・(ノーストック)両手を上げて「壁を押す」ように、下半身だけでスキーを操作する 。肩/上体をしっかりFLに向ける。状態をローテーションさせない

・ストックを体の後ろ目に突く
ターン終了後抜けながら外向傾を維持して次のターンのきっかけをつくる

・ターン中外足と逆側の手を前に出す(速足で、歩きながらターンする感じ) 。ショートターンでリズムよく外向系を維持しながら外足に乗る

・ターン中の足裏感覚は、「つま先から入り、カカトで抜ける」感じ

・コブでは「ストックをやや後ろに突き」外向傾を作りスキーが落ちるのを待つ(!)

・外向傾は「肩を落とす」というより、お腹(あばら骨の下)に力を入れて下に落とす感じ

アドバイス

・無理に外向傾を作って「スキーを止める」のではなく、「走らせながら」「捉えで出来た外向傾を維持する感じ」
・左足外足時、「スキーを止める(横振りする)」動きが出る。


どの練習バリエーションも初めて体験するもので、非常に勉強になった。

特に、「ターン中外足と逆側の手を前に出す(速足で、歩きながらターンする感じ)」これは非常に参考になった。高速急斜面ショートターンでも使えそうな感じ。

滑っていると、左足外足時がどうしても「丸い弧」を描けず、「単にスキーを横にしてブレーキをかける」動きになってしまうのが自分でもわかる。

・ショートターンでも「(小さくても)丸い弧」を描く感じを忘れない。
・荷重は「つま先から踵へ」抜ける感じ
・ストックをやや後ろに突くだけで、自然な外向傾が出来上がる

いやはや、目からウロコがボロボロ落ちるような、わかりやすいレッスンだった。須川さんが「ナショナルデモ」であるという事は後で知った(笑

道理でわかりやすいはずだ・・・

自分でも気が付かないうちに、かなり「内に入って」「体でスキーを回す」動きになりすぎていたんだと実感・・・

細川たかしカップに出たことで、ちょっと「スピード感のあるシャープな滑り」のイメージが「内傾過多・ローテーション(体でスキーを回す)」動きになっていたんだと反省。

明日に生かそう。

 

明日も楽しみに受講しよう。

asari20180331-3

朝里川温泉スキー場は、明日までの営業とのこと。

asari20180331-2

今日のウエア

asari20180331

ハデだけど、結構気に入ってます。(笑

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1272

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2018年3月31日 23:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日は悪友とやっぱりテイネで快適クルージング テイネハイランドスキー場 滑走日記2017-31」です。

次のブログ記事は「濃密な時間を堪能出来た! ATOMIC ALL STAR CAMP2018 滑走日記2017-33」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。