4年前の金銀メダリスト同士の直接対決は二人とも極限までバージョンアップしていた・・・オリンピックスノーボード観戦記

◆2018年2月14日(水) 江別は晴れ

スノーボード・ハーフパイプ決勝

hirano20180214

ニッカンスポーツドットコム より

◆文字通り、手に汗握る対決・・・

今夜も感動させてもらえた。

スノーボード、平野選手だ。

相手は絶対王者と言われているキング中のキング、オリンピックの覇者ショーンホワイトである。。

転倒をした後で迎えた二本目、平野はこう思ったのだと言う、

「練習で3回やって1回成功するかしないかの大技をキメるしかない」

そう自分自身につぶやいて、スタートしたのだと。

そして、彼は二度の4回転をものの見事にキメて、高得点を叩き出した。

スノーボードの事なんかまったくわからない私が見ても、鳥肌が立つくらい、高く、速く、美しいすべりだった。

「こっち(平野)は命を懸けて闘ってるんだ」

大ケガから、滑る時の恐怖を振り切って来た彼は滑る時、いつもそう言っていたのだという。

私のような素人をも惹きつける、心に届く滑りには、そんなストイックな姿があったわけだ。


しかし、しかしだ・・・


キング・ショーンホワイトも「今まで一度もワールドカップでも成功したことのない難易度の高い構成」を最後の滑り一発でキメてしまった。

成功率30%も無い構成を完璧に滑り切った平野に対し、
今まで一度も成功したこともないつまり成功率0%の構成で応えたショーン。

結果を知ったあとのVTRでしか見れなかった私でも、二人の滑りは次元を超えて、高く、速く、美しかった。

 

レース後の平野のコメント。

「ソチが終わってから、生活のすべてから、何から何までを一から見つめなおして来た」

レース後の王者のコメント。

「大転倒(顔面を60針縫う超大ケガだったらしい)の後の恐怖に、平野が背中を押してくれたから跳べた」と。


二人とも、そう、二人とも「自分の限界を超えて、自分に打ち勝った」わけだ。


この二人の進化のしのぎを削りあう戦い、を目の当たりにできた私達は、歴史の証人になれたのかもしれない。


オリンピック、やっぱり目が離せない・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1259

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2018年2月14日 23:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「この笑顔が見たかった!高梨沙羅ちゃん、銅メダルおめでとう!!」です。

次のブログ記事は「大ケガからオリンピックへ直行の離れ業にただ拍手! 羽生選手の金メダルに興奮!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。