今日は桂沢で基本を再確認 滑走日記2017-18

◆2018年2月3日(土) 三笠は晴れ

今日は桂沢で練習。

DSC_0025

今日は桂沢に練習に行った。大御所先生がいらしたので、臨時のレッスンを受ける。(以下、完全に自分のためのメモ)

◆スキーを走らせる滑りへ

外足にしっかり働きかけて、腰をスキートップの動きに合わせて(自然に)回す。

感覚としては、「かかとで押し出して」あげる感じ。

高い位置から外スキーを押さえて(たわませて)スキーの進行方向(斜め前方)に外スキーを圧しながら運ぶ感じ。

谷回りが始まったらすぐに外スキーを内スキーより先行させるくらいの感覚。
(そうすることで外腰がスキーと一緒に回ってくれる)

そうすると・・・だ。

うまく決まると、スキーがビュン!と加速するのだ!

私の場合、腕が遅れる(外向が過度になっているため)ので、腕をスキーの回るのに合わせて振ってあげる感じにすると、イイ感じになることがわかった。

練習の初めは、ダメ出し連発だったが、腕や腰がスキーの回転と平行になってくると加速感が感じられるようになり、先生からも、

「おお!吉川君、良くなって来たぞ、いいぞ!」

と、珍しく褒められるようになった。

◆プルークで学ぶ(大御所先生の滑り)

k1
↓↓↓外スキーを(かかとを使って)前方に押し出す(加圧する)
k2
↓↓↓斜め前に運ぶ感じ
k3
↓↓↓外スキー(右足)が外側に伸びているのがわかる
k4
↓↓↓外スキーを走らせようと前に送り出す
k5
↓↓↓ここでターンマックス
k6
↓↓↓少し落ちた腰を前に戻す
k7
ニュートラルに戻る

この「スキーを圧しながら外側に運び、腰をトップに合わせて回す」感じは、プルークでしっかり動きを学ぶと、パラレルでも同じ。

全ての滑りの基本の動きなので、しっかり身に着けること。

 

明日も、これを忘れずに練習しよう!

明日は岩見沢だ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1255

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2018年2月 3日 23:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日はテイネでコブにチャレンジ テイネハイランドスキー場 滑走日記2017-17」です。

次のブログ記事は「◆今日は鬼コーチにシゴかれた・・・ 滑走日記2017-19」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。