今日は岩見沢で検定種目再確認! 基礎復習。

◆2018年1月27日(土) 岩見沢は晴れ のち 雪

iwamizawa20180127-2

今日は昨年受験した検定種目の振り返りの練習をしてみた。種目ごと、基礎のポジション確認練習・・・というところか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆基礎パラレルターン小回り

・プレターンが終わったら、クロスオーバー(ニュートラルで両スキーの面をフラットにして上体を谷側に放りだすように)して立ち上がる。

・クロスオーバーでうまく立ち上がれると、トップが落ちるので、あとは落ちたトップに乗り込んでゆくだけ。

・乗り込む時は外足でしっかり雪面を削り取るように加重。

・ターンをしっかり山回りまで仕上げる

比較的ゆったりとしたリズムで、ひとつひとつのターンを丁寧に仕上げることが出来た。
まだ、すこし腰が回りすぎなところもあるけれども、現状では十分合格点・・・・かな。

(失敗して)「内に入ってしまう感覚」がはっきりわかった・・・ということは、正しいポジションに乗れる感覚がつかめてきてるという事。
これは非常に良い傾向。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆シュテムターン

・プレターンが終わったら、一瞬、両スキーをフラットにする

・フラットになった瞬間開きだす

・外足にしっかり乗り込んでターンを仕上げる
(ここで、雪面を削り取るような過重と山回りまでターンを仕上げることを忘れない)

開きだし時、内に入ることも無く、ややターン弧は浅めだけれども許容範囲か。

今の時期ではまずまずではないかと思う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆プルークボーゲン

・プレターンが終わったら、外足をやや進展させスキーが落ちるのを待つ

・スキーが落ち始め(フォールラインを越え)たら、雪面を削るように加重
(この時外足を極力フラットに踏む)

足首、膝、股関節の動きが明確に見えていた。

今の時期で、これだけ「動き」を表現できればOKだと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆パラレルターン大回り(実践)

・積極的に内傾角を取りながらズレの少ないターン弧を描く

・内足をうまくタタミながら、外足インエッジにしっかり働きかける

・きれいな丸い弧を描く

バランスよく、きれいな弧を描いてすべる事ができた。
スピードと積極性がもう少しでればさらによい・・・でも、まずまず。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆総合滑走 リズム変化(実践)

・積極的に内計画を取りながらズレの少ないターン弧を描く

・大回りから小回りへのリズム変化をスムーズに表現

少しスピード不足(緩斜面なので止むを得ず)も、リズム変化はスムーズ。
ただ、小回りをまともに真下に向けて来たのは、斜度がきつくなると喰らう可能性大。
修正後の二本目は良かった。

あとは、急斜面で練習を重ねれば洗練される。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆横滑りの展開

・前後差をつけて

・外傾外向をつくり

・谷足加重すると・・・・

・エッジが外れて下に落ちる

真下への横滑りは、

前後差をつけると角が立ちすぎて下に落ちない
エッジを外すと下には落ちるけどクルっと腰が回る。

腰が回ったままのごまかし真下落下・・・は出来るけれども、シビアなジャッジにあたると×がつくのは間違いない。

×(73)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


横滑りが課題。

もう一度、基礎からやり直すか・・・(笑

 

上達への道は、厳しいなぁ・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1251

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2018年1月27日 22:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スキルアップ受講④・・・も吹雪で終了 滑走日記2017-15」です。

次のブログ記事は「今日はテイネでコブにチャレンジ テイネハイランドスキー場 滑走日記2017-17」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。