新年は岩見沢からスタート スキルアップ受講① 滑走日記2017-9

◆2018年1月3日(祝)岩見沢は晴れ

2018年初滑りは岩見沢

iwamizawa20170103

スキルアップ講習その1 堤講師

今日はスキルアップ講習を受講。

・シュテムターンを指導する際の表現法を研究

運動要素を伝える・・・「シュテムターンをどう運動として表現するか」というテーマ。

各講師が引き出しを増やす意味でも、「自分のシュテムターンを伝える方法」を共有。

 

・シュテムターンの運動要素

開きだしたスキーに(すでに内傾角が出来上がっているので)乗る。

開きだしたスキーを雪面に置いた瞬間にターンが始まっているので、そのまま加重しながらかじ取りに入る。

この時(開きだしたスキーを置いた瞬間)足を伸ばして(加圧して)ターンに入ってゆくという感覚。

結果として内傾が促進される。


・受講生にどう伝えるか

内傾求めてゆくとは言え、スキーと一緒に体(腰/骨盤の向き)を回してしまってはいけない。

そのため、

ストックを体の前で交差して、フォールラインを向ける
おへそをフォールラインに向けて滑る

練習をさせてみる。

ああ、なるほど。これ忘れてた。ストックの先をフォールライン向ける。おへそをフォールラインに向ける。これで自然な外向が現れてくるね。これは「いただき」かな。

 

【自分のためのメモ】

シュテムターン

・開きだしたスキーを置いた瞬間足を伸ばす
⇒これですでに内傾が現れるので、そのままターンに入る
⇒これは動的内傾促進

・開きだしたスキーを置いた瞬間、一度外に乗りそこからターンを始める
⇒スキーを置いた瞬間に「迎え角」を意識する、作る(そのまま外足に乗り込む)
⇒内足が軽くなり引き寄せやすい 
⇒外傾、外向をしっかり意識して、外足にのる

この二パターンがある。初心者~中級者は後者で、上級者は前者を取り入れる・・・ということかな?

・開きだしたスキーを置いた瞬間、そのままじわっと外足に乗り、ターンが終わるころゆっくり引き付ける
⇒シュテムターンの自然な習得

これは初心者向け、上級者のターンポジション確認向け・・・というところか?

●シュテムは腰がローテーションしやすい?ので、意識すること。
⇒開きだしてしっかり迎え角を作る
●膝が内に入ってしまうと角が立って真っすぐ走ってしまう(ズラせない)
⇒フラットに面を使ってスキーをズラす

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1241

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2018年1月 3日 23:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「勤続三十年か・・・・」です。

次のブログ記事は「今日は桂沢で練習 滑走日記2017-10」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。