今シーズンの最新の滑りを学ぶその2 スキー指導者研修会に行って来た① 滑走日記2017-4

◆2017年12月23日(土)夕張Mtレースイは曇り

racy2017

SAJ指導者講習会に行って来た

先週のスキー大学は、SAJナショナルデモンストレータ、SAJデモンストレータらのスキー教師向け「トップスキーヤーによる最新技術伝承」の場である。実は参加は任意。
今日の指導者講習会は、参加必須の講習。
私は指導員になりたてなので、良く知らなかったのだが、実は、先週のスキー大学に出席したばあい、今回の指導者講習は実は受講しなくても良かったらしい・・・トホホ・・・である。

しかし、SAJ(全日本スキー連盟)SAH(北海道スキー連盟)の技術員(スキー教師の教師、技術伝達者)による講習なので、まあ出ても損はないというシロモノ。

①SAJ技術員、SAH技術員による今年の滑りの実演
②各技術員によるレッスン(2日間)

基本的には先週と同じ流れ。

私の班の講師は、なんと江別スキー連盟の技術員である岩井講師。

昨年までなんども講習を受講している担当講師。「普段とは違う場所、違う講師による講習」という名目とは微妙に異なるホーム感はある。(笑

◆全体デモンストレーション

・基礎パラレルターン小回り、パラレルターン小回り
⇒違いはニュートラルの有無
⇒はっきりとニュートラルが現れるのが基礎パラ
⇒ニュートラルが無い、ほとんど無いのがパラ
⇒足首、膝、股関節の曲げを意識する

・プルークボーゲン
⇒外足を伸ばして捉える

・プルーク山回りから自然なシュテムターン

・斜行から山開きシュテム→横滑りへ
⇒引き寄せを遅くして横滑りへ

・斜行から山開きシュテム
⇒引き寄せを早くしてシュテムターンへ
⇒かじ取りを強めてスキーが抜け出すタイミングをつかむ
重心内側、角付けが強まる、動的内傾促進

・基礎パラレルターン大回り

◆1日目 岩井講師によるレッスン
レッスン種目

①シュテムターン

・遅いタタミのシュテム
⇒完全にターンが終わってからスキーをゆっくりたたむ

・遅いタタミのシュテム ワンターン
⇒斜行→開きだし→遅いタタミ→横滑り
開きだして雪面をとらえたら押す

・中くらいに遅いタタミのシュテム
⇒斜行→開きだし→タタミ
⇒開きだしはフォールラインを過ぎてスキーが真下に向いたタイミング
⇒リフトせずズラす。ストックは使わない

・引き寄せの早いシュテム
⇒ストックを使う
⇒内傾を強く→スキーが走る


その後、ナイターでの自主練習
racy20171224-3

19:00を過ぎるまで、ポジション確認を含めて、今日のおさらい。

とにかく「遅いタイミングのシュテム」を練習してみて、感じをつかむことにした。

プルークポジションで外足の回旋/ひねりを練習。

シーズン初め、良い練習が出来たかな

◆2017滑走日記へ⇒http://www.yo4.jp/nikki/2017/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1238

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2017年12月23日 23:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今シーズンの最新の滑りを学ぶ?その1 スキー大学に行って来た② 滑走日記2017-3」です。

次のブログ記事は「今シーズンの最新の滑りを学ぶその2 スキー指導者研修会に行って来た② 滑走日記2017-5」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。