滑走日記0 理論講習 SAJ準指導員理論講習を受けてきた

2017年10月30日(月)釧路は雨、寒い!

SAJ指導者講習会・クリニック

SAJ指導者講習会

昨日の研修の振り返り。忘れないうちに記録しておこう。これは完全にじぶんの為のメモ、忘備録。

【講習会】

◆プルークボーゲン

・プルークスタンスの大きさを変えないで曲げ伸ばし

⇒雪面をしっかり「押す」「働きかける」感覚をしっかり体に感じさせたいため
⇒立ち上がるときにスタンスの幅を変えず、足裏の「押さえつけられる」感じをつかむ
⇒補助者に体を押さえてもらいながら立ち上がる。(雪面を抑える感じをつかむ)
⇒脚を伸展して雪面を抑える感覚

滑らかな動作。

要するに、「雪面に対し自ら圧をかけて、(スキーをたわませるようなイメージで)雪面を押す」という感覚を持て、というなのだろう。講師の先生は、同じことを何度も表現を変えて伝えてくれたので、これはやはり非常に重要という事なのだ。

◆プルークギルランデ

・プルークターン山回りののち、一度谷回りにしかかる位まで「先落とし」してから、再度山回り、これを二度三度繰り返し、逆側のターンへ。


◆プルークボーゲンリズム変化

・脚の伸展/屈曲を利用してリズムに変化をつける、その際の雪面から返ってくる圧を感じる。


◆滑走プルークからの展開

・体幹の位置に注意!

⇒外スキーをダイレクトにターンの軌道に乗せる。外スキーに対して圧をかけると体幹が内に入る。
⇒外スキーがグリップしたと思ったらすぐに働きかける。
⇒回転の外側に向け圧を加える
⇒脚を伸展させ内スキーをフラットにする。
⇒さらに外に向けて働きかけを強めると、内スキーが進行方向に揃ってくる。(パラレルポジション)
⇒向心力が強くなり体幹が内側にオーバーラップする。

体幹を外に傾けすぎると内スキーが揃ってこない。

*アウフヘーベン⇒異質なものを高いレベルで融合する。

外足は外へ向けて圧を強める。伸展する。
内足はフラットに(圧が弱まる)屈曲する。

二つの異質な動きが融合して、パラレルスタンスが現れる。

((吉川注)ここでアウフヘーベンという言葉が飛び出してくるとは思わなかった。つい先日、まったくカテゴリの違う政治の世界で飛び出した言葉である)

◆シュテムからパラレルへの変化

・ターンポジションの入り方が非常に重要


◆プルークファーレンから山回り

・体幹を外側に傾ける補助動作が重要
⇒この点、滑走プルークからの展開とは逆の動き。
⇒外側に傾くことで内スキーを寄りやすくさせることが出来る


◆シュテムターン

・山回りからシュテムへ
⇒山回りから外足に働きかけてシュテムへ
⇒斜滑降時横滑りを入れることで開きだしがスムーズになる
⇒開きだしてターンが始まり、フォールラインを越えたら引き寄せる。

◆横滑りのバリエーション
・ステッピングして横滑り
・シュテムして横滑り

⇒これの発展形が基礎パラレルターン
⇒シュテムを不整地で練習してみる事も効果的
⇒コブのてっぺんで開きだす。

 

一部理論、消化不良の点あり。(多数?)教程を読み込んだり、技術員の先生に質問する必要がある。

スキーは奥が深い・・・(笑

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1188

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2017年10月30日 23:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「野球には「流れ」というものがあるんだと、改めて痛感したワンプレー ・・・2017年日本シリーズ観戦記第二戦」です。

次のブログ記事は「哀しい1点差、この1点の差は途方もなく大きな差であることを感じた一戦。日本シリーズ第三戦観戦記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。