政権選択選挙・・・?

◆2017年10月2日(月)

政権選択選挙

解散直後、小池都知事が希望の党を立ち上げた翌日の自宅の新聞の一面の見出しがこれだった。

◆これでは自民党にあまりにも失礼ではないか・・・?

(ちなみに私の自宅の新聞は北海道新聞ではない)

ある日の見出しを見て驚いた。

「自民党と希望の党を中心とする『政権選択』選挙へ」と大きな見出しが出ていたからだ。

政権選択?自民党と非自民の選択ということか?自民党の対立軸はもちろん希望の党。

希望の党を悪く言うつもりは、全く、さらさらないのだが・・・

責任政党として、(ひととき、民主党に一時的にその座を譲ったとはいえ)まがいなりにも何十年もの実績を積み重ねて来た自民党と、候補者集めを必死で行っているレベルで、実績はおろか、目指すべき国のかたちすら、明確に私たちに示す事しか出来ない党。まだ、政党としての「形」すら出来てもいない党だ。

ハッキリ言おう。大人と子供・・・大人と小学生ほど実績と力量の差はあるだろう。

希望の党がどれだけ頑張ってこの国のあり方を主張したとしても、失礼ながら、今はまだ「絵空事」としか言えないだろう。

実質的な代表は、今、国会議員ですらないのだ。

 

自民党と対立軸を明確にし、選挙を盛り上げたいのだろうか?

はたまた、この新聞社は安倍首相が嫌いで、追い落としたいという事なのだろうか?

 

今の時点で、希望の党を自民党と肩を並べる「責任与党」になりうる力量があると、本気で思って書ているのだろうか?

政権選択選挙というならば・・・だが。

 

いくら何でも、自民党に失礼なのではないか?そう思えて仕方がない・・・

久しぶりに、なんだから腹が立って仕方がない。(笑

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1167

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2017年10月 2日 21:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ルビンの壺が割れたと併読するととても面白いか。 錦繍 宮本輝を読む」です。

次のブログ記事は「小池さんの敗因は「アウフヘーベン」という事だ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。