何を書いても「ネタバレ」になってしまうから、感想が書けない ルビンの壺が割れた 宿野かほる

◆ルビンの壺が割れた

ルビンの壺が割れた
新潮社 1080円


◆評価は真っ二つ・・・

Amazonなどで「書評を書きなれている方」の評判は、おおむね★★・・・・★は一つか二つ

⇒新潮社の見識を疑う!
⇒小さい伏線はあるものの、本質を突いてくれる伏線が無いので星1つ


TwitterなどSNSでの評判は、どちらかというと★★★★・・・★は四つか五つって感じ(こちらは★は付いていないが・・・)

⇒ゾクッとなる、面白い!
⇒もっかい、読みたくなる!オススメ

 

というように、書かれているソースによって、極端に評価が割れている本なのだ。どちらかというと、書評慣れてしている方は分析的に批評している感じがするし、SNSで語る方は直観的に批評している気がする。

これはおそらく左脳派と右脳派の読書スタイルに帰依するものではないかと思う。

左脳は思考と論理の脳、つまり分析的、説得的、合理的、理性的なスタイルであり、

右脳は知覚と感性の脳、つまり直観的、柔軟性、創造的、感情的なスタイルなのだろう。

文章の長さは、左脳派が比較的長文が多く、右脳派が短文が多いといえるのだが、これはTwitterの文字制限にもよっているかもしれず、客観的な指標にはならないか。

左脳派は文脈、行間、全体の構成を把握しつつ読み進めているように見えるし、右脳派は文章をそのままストレートに素直に読み、受け止めているように見える。

 

 

物事を立体的にとらえるためのトレーニングをするのであれば、批判的に読むことと肯定的に読むこと、両方の力をつける必要があるという事か。

つまりは「一冊の本を二度読んでみる」ということも面白いということだ。

一度は文字・文章をそのまま素直に受け止める。そして、もう一度はすべて否定的に、疑ってかかりながら読んでみる。

そうすることで、脳みその多様性のトレーニングができるんだなぁ・・・と感じた次第。

 

 

興味のある方は是非、Amazonで書評を見て、Twitterで #ルビンの壺が割れた とハッシュタグ検索をしてみてほしい。

評価が割れていることを実感していただけると思う。

 

結局、何を書いてもこの小説はネタバレになってしまうので、こう書くしかないわけなのだな。

私的には、問題作としておすすめ、星は★★★というところか。←主体性ナシ!(笑

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1160

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2017年9月25日 23:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「有名ではないかもしれないが、地味に実力の高い店なのだ。北々亭 千歳市」です。

次のブログ記事は「これは大盛ならぬ山盛りである! しかも、うまい! そば処大番テレビ塔本店」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。