昭和にタイムスリップ出来る蕎麦屋・・・東屋 駅前店 釧路市

◆東屋 駅前店

東屋,駅前店

東家 駅前店そば(蕎麦) / 釧路駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3

◆半世紀以上営業し続けている佇まいには、誰もがいつ行っても懐かしさを感じるだろう・・・

東屋,駅前店,店内

真夏でもストーブを撤去していない店内。

数年前に訪れた時には、老夫婦で営業しておられたように記憶していたが、今日はおばちゃん(おばあちゃん?)一人で営業されていた。

なんでも、かれこれ50年以上(!)は営業されているとのこと。

店中からレトロな雰囲気が漂う・・・年数の経過による「空気」が、ごく自然な作り物ではないレトロ感を醸し出してくれているのだろう。


◆釧路ならではの「ぬき」と「もり」

東屋,抜きと盛り

釧路に来れたときの私の食事の本命は、これである。「かしわ抜き」と「もりそば」。

「かしわそば」の「そば抜き」・・・つまり、暖かい付け汁。と、冷たいもりそば。

まあ、簡単に言えば、もりそばを・・・

東屋,もりそば

付け汁にそばを浸せば・・・・

かしわ抜き

暖かいそば。

普通につゆにそばをつければ・・・

冷たいツユ

冷たい普通の盛りそば。

そば1枚で、「暖かいそば」と「冷たいそば」両方を一度に味わえる・・・という、なんとも効率的でリッチなそばを味わえる、というわけだ。

ここの「そば」は、釧路東屋系列ではポピュラーな緑色のそば(東屋ぬさまい)とは違って、灰色の普通のそば色である。

茹ではやや柔らかめで、優しい食感。

つゆは、甘めで行儀悪く「ズルズル」すするとウマい!

ワサビは粉わさびで、柔らかめのそばと、甘辛いつゆと実によく合う。

しみじみとうまいそば・・・なのだ。

 

決して、華やかな「うまい!」という味わいではなく、店の空気感と一体になった懐かしい優しいうまさ・・・と、言ったらよいのだろうか。

なんとも、心の底からじんわりと温めてもらえる美味しさなのだ。

おばちゃん(おばあちゃん?)にはいつまでもお元気でこのそばを食べさせてほしいものだ。

東屋 駅前店。また、釧路に行く機会があれば、是非立ち寄って食べさせてもらいたいものだ。

 

◆東屋 駅前店

釧路市黒金町13-1-7

0154-22-2687

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1138

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2017年8月 7日 23:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「釧路から帰る!」です。

次のブログ記事は「シビれた・・・全米プロゴルフ・・・松山英樹の一打一打に・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。