十勝の幸を仲間たちとシェア・・・幸せな時間 帯広「十勝料理・えん」 帯広市西1条南11-5

◆十勝料理 えん

えん

えん居酒屋 / 帯広駅
夜総合点★★★★ 4.1

十勝の大地の恵みをとことん堪能!

帯広出張。営業所の仲間が私をもてなすために連れてきてくれたところが、ここ。 十勝料理・えん。帯広には何度も来ていたが、どうしても焼き肉!に目が行ってしまい、仲間も私が無類の焼き肉好き・・・という事をよく知ってくれていたので、ほかのジャンルの店に来たことがなかったわけだ。

徹底的に十勝産の食材にこだわり、一手間、二手間をかけた料理を出してくれるらしい・・・これは楽しみ。

メニューは、完全に地元メンバーに委ねる。

◆まずは、「ハツ刺し」

ハツ刺し

ハツの刺身。山わさびがふりかけ・・・・まぶして・・・あって、何とも言えない風味。

うまい。

くさみが全く無い、山わさびの香りと辛さが本当によくマッチしていて、うまい。

◆ゆり根揚げ

ゆり根

ゆり根は岩見沢でもお目にかかったことがあったが、食べてみるのは、実は初めてである。写真のように固まり?ブロック?ごと揚げてある。

恐る恐る箸をつけてみると・・・・これはイモだ!それも、恐ろしく香りがよく、ふっくらほっこりした甘いイモだ!

ジャガイモは厳密には「根」ではなく、「地下茎」・・・つまり茎らしい。

ゆり根は、その名の通り、れっきとした「根」であるらしい。

茎と根と根本的に全く違うものなのだが、食感や味わいは非常に似ている。でも、このゆり根はうまい!

箸が止まらなくなり、結局、ほとんどひとつ私が食べてしまった・・・


◆エビマヨ

エビマヨ

軽く揚げられたエビにマヨネーズがかかっているだけなんだけど・・・・これがまた、何ともうまいんだな~!

エビ好きの私は、これまた無言で、ひたすら無言でかぶりついてしまった。

うま!


◆マッシュルーム串

マッシュルーム

なんだ、なんだ!この「巨大」なマッシュルームは!?

子供の握りこぶしくらいの大きさは軽くありそうな感じ・・・

軽く塩と粒コショウ・・・ブラックペパーがふられて、そのまま塩焼きしただけの素朴な料理なんだけど、それがまた絶妙にうまいのだ!

シイタケにもにた香りと旨味なんだけど、それが、ひとランク洗練されたというか上品になったというか、形容の言葉がみつかんないんだけど・・・うまい!

 

 

参ったね。出てくる料理、出てくる料理がことごとく、うまい。基本十勝産、地元の食材がメインとのことなので、鮮度・香りが良いんだな~


◆激辛やきそば

焼きそば

フツーにおいしい。辛さを指定できるのだけれども、これは「おいしく食べられる辛さ」、中辛・・・との事なんだけど。結構辛い。

辛いモノには耐性があるつもりでいたけど、ヒリヒリする辛さ。これで中辛?という感じ、うまいけど辛い。辛いけどウマい・・・・

その他、オムライスだの、豚串、鶏串などが出てきた。どれも、これも、いたってフツーのメニューなんだけど、一つずつがハッとするくらいおいしい。

最初から最後まで笑いっぱなしの、楽しい仲間たちとの会話が、料理の最高のスパイスなのだな~と改めて実感。

一人で来ても、こんなに美味しくは食べられないんだろうね。

 

しかし、美味しかった。

連れてきてくれた仲間たちに感謝・・・だな。


◆十勝料理 えん

帯広市西1条南11-5-4
0155-22-6737

12:00~14:00
17:00~1:00(L.O.24:00)

日曜定休

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1123

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2017年8月 1日 23:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「九割五分の「そば」果たして、その味は・・・?」です。

次のブログ記事は「帯広から帰る!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。