北壁は厚く、今日も跳ね返された・・・コテンパンに・・・テイネハイランド(滑走日記51)

◆2017年4月23日(日) テイネは晴れ(-1℃)

20170423今日もハイランド

北壁は厚かった・・・


◆春の雪、コブはどんどん深くなって・・・

今日も春スキーはテイネハイランドへ。

20170423今日のテイネは-度

今日の朝イチはなんと-1℃。先週より9℃も下がっている。

昨日江別の仲間から譲ってもらった新しいウエアで身を包んで出発。

20170423新しいウエアで!

意気揚々と北壁へ・・・・と、行きたいところだったが、どうにも体が重く、調子は悪い。しかも、霧が深く危険なので北壁はパス。

3本ほど滑ったところで、霧が晴れたので、さあ・・・と向かってみるものの・・・・

20170423ロープウエイ下の超コブ

 

深い、コブが本当に深い。

 

そして、やはり今日は体調が今一つで、スキーのトップがうまく振れない。

自分でもはっきり分かる内倒、後傾・・・である。

ターンが出来ない。

ひとターンしか出来ずに、コースアウト・・・・


今日のコブは恐ろしく深くて、ピッチが短く、怖かった・・・・

 

20170423今日の一本松

 

結局女子大4本 北壁3本で山を下りた。

ん~ダメじゃん!ヘタクソ!!!と自分を罵りたくなる。(笑

 

////////////自分自身へのメモ///////////////

・内倒/後傾/体がスキーと一緒に回ってしまう・・・
→これが諸悪の根源

内倒
⇒ターン中外側への傾を強く意識する
⇒外肩を谷側にちょっと落とすポジションを意識

後傾
⇒コブの山を越えたらトップを伏せる意識
⇒トップを浮かせない

身体がスキーと一緒に回る
⇒ストックを突いてスキーを回しこみながら逆ひねりを意識
⇒ストックを突きターンが始まった瞬間に次のターンの準備を始める

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2017年4月23日 23:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今シーズン、テイネでついに50回目を迎えた! 滑走日記50」です。

次のブログ記事は「強敵「北壁コース」を ちょっとだけ克服? テイネハイランドスキー場 滑走日記52」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。