今日も「C検」に参加 札幌国際スキー場 滑走日記45

◆2017年3月26日(日) 札幌国際スキー場は今日も晴れ

あまりにも良いコンディションについポーズ!

今日も国際スキー場は最高のコンディション!

◆今日は講習・実習・合格発表

昨日に引き続いてのC検参加。

今日は、準指養成講習・採点実習・そして合格発表である。

今日も国際はサイコー!

昨日に引き続き、国際はホントに雪が良くて最高!

基礎的な講習や、コブの練習など、今日は実技講習(滑り)が主体の内容。

受講班によっては、ゲレンデでの「採点実習」をやてくれる班もあり、私はたまたまその班に入っていた。
(講師によりこれ(採点実習)をやったりやらなかったりだったようだ)

別の班の実技を、自分の班全員で採点。採点後講師の差異との差異をチェック。

私の班はシュテムターンとプルークを滑らされ、採点され、私は別の班のシュテムを採点。

採点実習

本気の検定さながらの模擬検定という雰囲気・・・ちなみに私は、シュテム・プルークともに〇をもらえたが、プルークは合格率30%台と結構厳しいものだった。(笑

この採点実習は非常にタメになり、参考になった。

「うん!この人はうまい!加点!」と私が、思わず76点を付けた滑りを、検定員は×にするのである。(74点)・・・・曰く、

「シュテムターンは適度なズレを伴いながら回旋する運動を求めています。この人の滑りは「キレ」すぎていて、スピードも出すぎです。そこまでのキレやスピードはは求められていないのです、ジャッジはあくまで「求められている運動要素」に沿ってしなくてはいけません」

う~ん、うまいだけじゃダメなのね。教科書どおりに滑っているか?をチェックするのがジャッジなのね・・・・(笑

非常に興味深く、面白かった。

さて、一通りのメニューが終わると合格発表。

全員合格である。(笑

発表後、何名かの受験生が「別室に呼ばれた」・・・筆記テストの点数がひどかったのか?お説教を食らった方が何人かおられたようだ。(爆


合格!めでたく認定

これで、私も晴れて、「準指導員」としてSAJに認定されました。

めでたし、めでたし。


バッジをめぐるチャレンジも、これで、ようやく一区切り。


お疲れさまでした>自分 (笑

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2017年3月26日 16:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あわただしく「C級検定員公認検定」に参加 札幌国際スキー場 滑走日記44」です。

次のブログ記事は「久しぶりのテイネで快適クルージング  テイネハイランドスキー場 滑走日記46」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。