初の「応援/サポーター役」は緊張の時間・・・・滑走日記41

◆2017年3月18日(土)藻岩は晴れ

nintei20170318

今日は「北海道スキー連盟・認定指導員検定」の応援団。

◆見てるだけの応援団は自分が超緊張!?

今日は一シーズン一緒に練習した「仲間」の応援。

スキーの指導者資格は、私が受験した「全日本準指導員/指導員」と、「北海道認定指導員」の二つのカテゴリががある。今日は後者の検定で江別からは2名の受験者。

先日の私の受験には、応援に来てもらったメンバーを、今度は私が応援する番というわけだ。

受験者は、恐ろしく多く、200名に達しようかという数らしい。本来は理論(筆記)試験もあるらしいのだが、あまりに大勢の受験者で、今年度は「免除・実技試験のみ」となったらしい。

開会式も大勢!

ひとシーズン、とにかく練習に練習を重ねてきた本番だけに、江別の仲間の受験者も緊張を隠せない。

今日は、シュテム、緩斜面小回り、急斜面大回り、プルークボーゲンの4種目。応援団は岩井コーチを含めて4名。2名のずつに分かれて、一人につきっきりで応援。

私は木村氏を応援。さあ、がんばれ!

いや~、自分が滑るより見てる方が緊張するものだ。スタートからゴールまで、なんとも緊張の時間。

しかし、滑る者の気持ちは手に取るようにわかるものだ。シーズン中、とにかく苦労して練習してきたから、滑りをみただけで、今どんな気持ちでいるか、伝わってくるのだ。

 

応援は本当に緊張するし、滑っている者の気持ちが手に取るようにわかるものだな・・・と痛感した、ドキドキ/ハラハラの一日だった。ちょっと脱力感・・・(笑)

しかし、明日の急斜面小回りと総合滑走にそなえて練習におつきあい・・・・

明日は2種目を残し、午後からは合格発表だ!

二人とも頑張ってください!!!!!

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2017年3月18日 23:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「岩見沢グリーンランド、最後の滑りはビデオ係・・・滑走日記40」です。

次のブログ記事は「キンチョーは今日も続く・・・藻岩認定検定応援 滑走日記42」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。