今日もダメダメ・・・「ダメ出し」の連続に凹む 滑走日記26(養成講習10)

◆2017年2月11日(土) 三笠は晴れ

katsurazawa20170211

今日の講習は桂沢(三笠) 講師は鬼の朝倉チーフ

◆ダメ出しの連続に・・・・凹む

今日は重要なレクチャ(パラレルへの展開)があったので、浅草の勉強会をさぼってスキーの講習へ

基礎パラ小回り・・・リズムをもっと素早くしないとダメ

実践パラ大回り・・・シェーレン(先開き)が出るからダメ

プルーク・・・お尻が落ちるのはダメ

パラレルへの展開・・・ぎこちなくてダメ

シュテム・・・これはまずまず

 

あ~ もう! どうすりゃいいのよ!(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

◆自分のためのメモ

基礎パラ小回り
⇒自分の感じで「細かすぎる」と感じるくらいターン弧を小さく
⇒しっかり外足に働きかけ、トップを回しこむ感じを忘れない

実践パラ大回り
⇒山回りの連続のイメージを忘れない
⇒しっかり外足を動かす。内足のタタミか、外足への近づきを表現する
⇒外傾を忘れない(←コレ大事
⇒外向傾は、ターン中盤にはほどいて、スキーと正対してスピードに乗る

プルーク
⇒スキーの真上から押す
⇒真上に立ち上がるのではなく、クロスオーバーでターン外側に

パラレルへの展開
⇒コートの「尺」」を意識して作戦を立てる
⇒最初の2ターンは滑走プルークを見せる
⇒最後の2ターンはパラレルを見せる
⇒大大(滑走プルーク)中中(滑走プルーク・ややスタンス狭める)
小小(ワイドパラレル)小小(パラレル)

の表現で構成してみる

シュテム
⇒開きだし時内に入らない
⇒山回りを意識

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1035

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2017年2月11日 01:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「左ターンが悩みのタネ・・・・滑走日記23(養成講習9)」です。

次のブログ記事は「左ターンの悩みは深い・・・滑走日記27(養成講習11)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。